赤ちゃんと初めての飛行機で気をつけたいこと5選

2,863 views

里帰り出産や、実家への帰省、旅行などで赤ちゃんと飛行機に乗る予定のママ必見です。赤ちゃんとの飛行機は泣いてしまわないか?授乳はどうしたら良いか?など心配な事が多いですよね。当日慌てないためのポイントを5つ紹介します。



早めに予約

まずは、飛行機に乗ると決まっていたら、早めに予約することが大事です。ANAやJALでしたら、バシネットつきの席の予約をすることが可能です。こちらの席を希望してる場合は限りがありますので、早めに予約する方が良いです。ネットなどで飛行機予約後に電話で座席を指定する事になります。また、スカイマークでしたら、左側の1番後ろの席でしたら、授乳カーテンがある機材もあります。ただ、こちらの授乳カーテンは、離着陸時は使用不可でした。

座席は一番後ろがお勧め

前の方の座席に座る方は、お急ぎのビジネスマンなどが多く、飛行時に赤ちゃんが泣いてしまい迷惑がかかる場合も…。(赤ちゃんは泣くのが仕事ですが、理解してくれない方も結構多いです)後ろの席ですと比較的、家族連れの方も多いですし、泣いてしまっても少しは安心です。また、立ってあやす時も後ろの方のスペースを利用できますので安心ですね。また、搭乗手続きの際にカウンターで赤ちゃん連れなので、隣の席にひとがいない席が良いというリクエストができますので、心配な方はリクエストを。

離着陸時の耳抜きの仕方

赤ちゃんは自分で耳抜きをすることができません。なので、お母さんが耳抜きをしてあげる必要があります。基本は授乳をする事によって対応できますが、授乳ケープをして人前ではちょっと…という方はミルクをあげでも大丈夫です。また、おしゃぶりや、麦茶を飲ませる事によっても耳抜き可能です。

おむつ替えスペースがあるか確認

オムツ替えを座席でしては、周りの方に迷惑がかかります。なので、オムツ替えはオムツ替えスペースを利用しましょう。大抵はトイレの中にあります。狭いですし、揺れますのでオムツ替えは一苦労です。出来れば、飛行機に乗る前に済ませましょう。

当日は早めに到着する

赤ちゃんがいると大人だけの時とは違い、乗り込みまでに色々と時間がかかります。授乳をして、オムツ替え…とやる事が沢山ありますし、優先搭乗の時間もありますので、早めに行動しゆとりを持ちましょう。いかがでしたか?赤ちゃんがいての初めての飛行機心配だと思いますが、泣いても客室乗務員の方がフォローしてくれるので大丈夫です。頑張ってくださいね。

こんな記事も読まれています