出産時の体験談。出産って聞いてたのと違う!

4,035 views

出産予定日を過ぎても赤ちゃんは出てくる気配なし。居心地いいのかなぁ。先生から42週を過ぎると胎盤機能が低下するらしく母体にも赤ちゃんにもよくないと聞き、出産予定日から10日後に入院。行ってきまーす!さぁ、いよいよ出産だぁ!って普通はこうじゃないよね・・。



入院したものの

意識はお腹へ・・。なんにも変化なし。先生から陣痛誘発剤を使いましょうと言われて、確か錠剤を服用。同じような妊婦さん達とおしゃべりしながらその時を待つ。
病院内をうろうろいやお散歩してみたり、またまた階段の上り下りしてみたり。
お昼は美味しい食事をいただき、あれ?出産ってこんなもの?と思ってしまいました。

ついに陣痛がきたー!

朝に入院してからようやく夕方頃に陣痛が来たー!
話では生理痛のひどいやつって聞いてたの。生理痛があまりなかったので、お腹がきゅーと痛んだ時にはこれかと思いきや、看護師さんに「これはまだ序の口」って言われ、愕然としました。
徐々に間隔が狭まるから時間計ってねと言われるもあまり変化なし。
変化ないけど痛いんです。痛みは大きくなるけど間隔が狭まらない。
痛みがマシになった時に食事とかしてねって言われるけど、そんな余裕ないです。
食事取らないと出産時に頑張れないとわかってても痛みが引くって言っても痛いんですもの。

洩らしちゃったの?

間隔が狭まらないまま夜を迎え、寝ることも出来ず久々の徹夜状態。
痛みと共に夜が明けるのを待つことって長かったぁ。
朝になって診察してもらってもまだ子宮口が開いてないと言われ、部屋に戻る。
腰が痛くなりテニスボールでマッサージしてもらう。痛みがマシになった瞬間にトイレに行こうと立ったら・・・えっ!?もらしちゃった・・・どうしよーっていうのが最初に思った事でした。すぐに看護師さんが来てくれて「破水したね、もうそろそろ分娩室に行きましょう!」って。
陣痛で痛いけど、「へぇ~、これが破水っていうんだぁ」って思いました。

分娩室

分娩室に行くまでが長かった・・・すぐそこなのになかなか歩けない。
ようやく着いてベッドで休憩。主人はおろおろするばかり。食事をするようにすすめられるがこちらはそれどころじゃない。
分娩台に上がり、足はここに置いて下さいねって言われても痛みで自然と足を閉じてしまう。横向きになりたいけどダメって言われ、なんとか仰向けに寝るも痛すぎる!
ひぃひぃふぅー・・・こんな事出来ません!「痛い~!」しか言ってない気がします。
はさみで切られるとか聞いてましたが、まーったくわかりません。想像を絶する痛みなんですから!分娩台に上がって20分後ぐらいに「ん?なんかドバッと出た!」って感覚があったと同時に「おぎゃー!」と聞こえ、「あぁ!スッとした!」とまず思いました。

立てないんです!

無事に出産を終え、先生に処置してもらうも大量出血してるらしく安静にと言われてベッドに。
トイレに行きたくなり立とうとしても立てない。看護師さんに手伝ってもらってトイレに座るが、出ない!もう漏れそうになってるのに一滴も出ない!
看護師さんに言うと、お産直後の排尿障害らしい。結構一般的だそう。
お産の時、赤ちゃんが骨盤腔内にはまり込み、神経等を長時間圧迫してしまうために起こるそうです。
例えば、長時間正座してたら、足がしびれて立てなくなった・・・って感じです。
導尿してもらって出すっていうのを3回ほどして、ようやく翌日ぐらいに自力で排尿出来るようになりました。
出血もひどく病室まで車椅子での移動となりました。
出産ってほんとうに命がけって身を持って体験。痛かったけど、すぐにまた赤ちゃん欲しいと思ったのも事実です。

こんな記事も読まれています