ガーランドの結婚式での活用アイデア5選。手軽に可愛く!

4,857 views

皆さん、「ガーランド」ってご存知ですか?

元々「名誉や勝利のしるしとして首や頭につける花冠・花輪」を指すものでしたが、そこから転じて、「ドアや窓辺を装飾するために花や木の実を繋げて網状にしたもの」を意味するようになりました。

写真を見て、「見たことある!」と思う方も多いはず。

このガーランドが、ウェディングのいろいろなシーンで大活躍するんですよ!

思わず真似したくなる、ガーランド活用アイデアをご紹介します!



まずは自分で持つ

ガーランドの両端をお互いで持って、ふたりの写真を撮ってみましょう!
ふたりの何気ない立ち姿が、一気におしゃれになると思いませんか?

アルファベットやマークを入れて、好きな言葉で作ることができるのも嬉しいポイントです。

ガーランドに思いを託して、ふたりのウェディング写真をおしゃれに残しましょう!

メインテーブルに飾る!

パーティー会場の一番目立つところ、そう、新郎新婦が座るメインテーブルです!
メインテーブルはたくさんの花でコーディネートされるところですが、ここでもガーランドは大活躍。

花と一緒にテーブルの前面にガーランドを飾れば、オリジナルのポップなメインテーブルの出来上がりです。
マークやメッセージはもちろんのこと、ふたりの名前を入れても面白そうですよね。

ゲストも思わず写真を撮りたくなるようなメインテーブルになりますよ。

フォトラウンドで持つ

ゲストのテーブルに挨拶に回る際の演出として、フォトラウンドというものがあります。

テーブルごとで写真撮影をするため、ゲストと近い距離で楽しめ、さらに一緒に写真を撮れるとあって、非常に人気のある演出です。
パーティーで取り入れたいと考えている新郎新婦も多いはず。

そのときには、ぜひゲストにガーランドを持ってもらって一緒に撮影をしましょう。

ちょっとした小物を持ってもらうだけでゲストにも一体感が生まれて、ハッピー気分をさらに盛り上げてくれますよ。

ウエルカムスペースに飾る!

ゲストを最初にお迎えするウェルカムコーナー。
受付の他に、ウェルカムボードやウェルカムドールなど、さまざまなグッズを飾る新郎新婦がいます。

そんなウェルカムコーナーをさらに引き立ててくれるのがガーランド。

ふたりの名前やウェディングの日付を入れて作ってみてはいかがですか?

ウエディングケーキ&デザートコーナーに飾る!

パーティーの後半、ゲストのテンションが一気に上がるのがデザートビュッフェです。
ウェディングケーキと一緒に出されることが多く、特に女性ゲストは楽しみにしている方も多いイベントです。

見た目も可愛らしいデザートが並んでいる様子はそのままでも十分魅力的ですが、ガーランドは、そのデザートコーナーをさらにキュートにもしてくれるんですよ。

ウェディングケーキそのものにミニガーランドを付けて、オリジナルのウェディングケーキを登場させると、ケーキカットのシーンもさらに印象深いものになりそうですよね。

いかがですか?
ガーランドは、身近に手に入る材料で手軽に作れるアイテムです。
ぜひウェディングに取り入れてみてくださいね。

こんな記事も読まれています