赤ちゃんも熱中症に気をつけて!症状や対策まとめ

1,889 views

もうすぐ夏ですね。

梅雨があけたら赤ちゃんとどこにお出かけしようかと楽しみにしているママも多いのではないでしょうか。

せっかくのお出かけを安全に楽しむため、夏に特に気をつけたい熱中症についてまとめました。

そもそも熱中症とは?

運動や暑熱から起こる身体の障害の総称。
熱射病や日射病は熱中症の中でも重症なもののこと。
体温以上の外気や高すぎる湿度によって発汗や放熱ができにくくなることで起こります。

予防法を知っていれば予防できますし、応急処置を知っていれば救命できますが、放っておくと死に至ることもあるので夏の時期は注意が必要です。

赤ちゃんの熱中症、症状は?

月齢が低ければ低いほど分かりにくいのが赤ちゃんの体調。
暑くて泣いているのか、それともお腹が空いているのか、まだまだ授乳間隔も定まっていないこともあるのでわかりにくいですよね。
こんな症状が出てきたら熱中症を疑ってみてください。

★顔が赤く、熱くなっている
★唇がかわいている
★いつもより母乳やミルクを飲みたがる
★機嫌が悪く、元気がない
★汗をかかない
★おしっこが出ない(1日6回以上が理想)
★ぐったりとしている
★脈が弱い

予防法は?

★水分補給をしっかりと!

授乳室の場所を事前に調べておき、こまめに授乳することが大事です。
また、出掛けるときは必ず水筒やストローマグを持ち歩きいつでもこまめに水分補給できるようにしておくと良いでしょう。
中身は白湯、ベビー麦茶などがいいでしょう。

★衣服や室温の調節をする

室内でも熱中症になることがあります。
室温は25~28度程度に設定し、汗をかいたら服を1枚脱がすなどして体温調節をしてあげましょう。
クーラーや扇風機の風が直接当たると冷えすぎてしまうので、当たらないようにしてくださいね。

★帽子をかぶる

直射日光に直接当たらないように気をつけましょう。
帽子と洋服に留めるクリップを付けておくと風に飛ばされたりしても取れることがなく安心です。

便利なひんやりグッズも活用しよう!

ベビーカーやチャイルドシート、抱っこ紐の中にもつけられる赤ちゃん用の保冷剤がとても便利です。
特にベビーカーは道路の照り返し等で熱くなりやすいので、冷んやりグッズでの対策は必須です。
直射日光を避けるためにガーゼ素材など薄手のブランケットをかけておくのも良いでしょう。

http://shop.benesse.ne.jp/tamahiyo/disp/CSfLastGenGoodsPage_011.jsp?MSK_NO=0070004399010000&cid=dn_tamahiyo_g_pla_0070004399010000

まとめ

赤ちゃんは自分で自分の体調を訴えることができません。
そのため常に気を付けて様子を見てあげることが大事です。
いつもと違う様子が見られたら早めに対策をとり、ぐったりしていたり危険な症状があらわれたらすぐに小児科を受診しましょう。

真夏日の外出は長時間になりすぎないように気をつけ、水分補給もしっかりしながらお出かけを楽しんでくださいね

こんな記事も読まれています