学資保険は本当に必要?子育てにかかるお金事情

1,356 views

子供が生まれたら学資保険に加入しなきゃ!!

そう思われている方も多いのではないでしょうか?

学資保険は必ずしも加入しないといけないわけではありません。

しかし、教育にかかる費用は1000万円以上と言われています。

ご自身で、しっかり貯金、できますか??



学資保険とは

「学資保険」とは、将来の学費の積立をする商品です。ある年齢になった時に祝い金などの名目でまとまったお金が受け取れます。

生命保険会社が販売している商品なので、契約者(親)に万が一のことがあった場合の死亡保障や、子供の医療保険がついている商品もあります。
「こども保険」と名称づけている会社もあるので、気をつけましょう。

教育費はどれくらいかかるの?

教育費は将来必ず必要になります。
実際、どれくらい必要になるのか、ご存知ですか?

学費の総額は私立か公立かで違ってきます。
オール公立で1000万円以上、オール私立だとなんと2000万円以上必要になってきます。

計画的に準備が必要ですね。

学資保険における、生命保険機能

冒頭でお伝えした通り、学資保険は生命保険会社が販売をしている商品です。ですのでさまざまな生命保険機能がついているものがほとんどですが、その代表的な機能が「保険料免除」です。

「保険料免除」とは、契約者(親)に万が一のことがあり保険料を収めることが難しくなった場合、以後の保険料が免除されるという機能です。
その条件は、生命保険会社によって違います。
「保険料免除」に該当するとみなされると、それ以後の保険料は払込みませんが、お祝い金などの保障部分はそのまま残ります。
つまり、保険料を払わなくても節目の祝い金や給付金は受け取れる、ということです。

学資保険は、確実に貯金するには最適

教育費を確実に貯めていくために、学資保険を利用し使えなくしておくことが重要です。
銀行に預けておくといつでも引き出せてしまうため、使ってしまう可能性が高くなります。
学資保険に加入して、毎月決まった金額を保険料として収めていくことで、確実に準備をすることが可能です。

特に、貯金が苦手・積立をできる自信がない人に学資保険はお勧めです。

きちんと準備できるかは、自分次第

学資保険に加入する・しないは、お父さんお母さんが決めることです。
しっかりとした収入があり、貯金することに自信がある方は、学資保険は必要ないと考える人もいるでしょう。

しかし、子供が学びたいことがあるのに費用がないために進学を諦めないといけない、なんてことがないように、しっかりと夫婦で話し合って計画的に貯蓄していきましょう!

まずは”保険のビュッフェ”で学資保険の見直しをしましょう!

こんな記事も読まれています