結婚式で心が伝わる両親への贈り物5選。育ててくれた感謝を伝えたい。

3,126 views

披露宴のクライマックス、両親への感謝の気持ちを贈り物に込めて渡すセレモニーを行う人が多いです。

では、みなさん、どのようなものを贈っているのでしょうか?

今回は心が伝わる贈り物5選をお届けします。

ご両親へ心を込めて選んでくださいね。



似顔絵ボード

温かみのある家族の似顔絵ボードが贈り物として、とても喜ばれています。
両親が自宅に飾ることもできますし、家族みんなの思い出にもなります。
ボードに感謝のメッセージを入れるなど、いろいろ工夫も出来ますので、自分なりのアレンジをして贈ると良いでしょう。
両親のみの似顔絵を贈るよりも、新郎新婦や兄弟も描かれているもののほうが、受け取った両親としては喜びが大きいので、ぜひ家族写真のような似顔絵を描いてもらいましょう。

プリザーブドフラワー

遠方から来ている両親へ花束を贈りたいけれど、持ち帰ってもらうのが難しい・・・。
そういったときにプリザーブドフラワーを選ぶことが多いです。
また、プリザーブドフラワーであればずっと綺麗なままで残せるので、両親も気兼ねなく飾っておくことができます。
結婚式の日を覚えていてほしい、そういう思いを込めて、ブーケや披露宴のテーブル装花と同じデザインで準備する人もいます。
メッセージとセットにしたり、フォトフレームと一体化のものがあったりと種類も豊富ですので、自分たちの理想にぴったりのものを探してみましょう。

フォトフレーム

根強い人気の贈り物といえば、フォトフレームです。
家族の思い出を残すものというと、やはり写真ですから、それを飾っておけるフォトフレームは大活躍間違いなしです。
人気のものでは、フレーム自体にメッセージを彫ってもらうタイプや、写真自体を彫ってもらうタイプのものがあります。
子どもの頃の写真とセットにして贈れば、成長を一目で実感できる両親感動の一品になることでしょう。
また、デジタルフォトフレームに子供の頃からの家族写真を入れてプレゼントしても喜ばれますよ。

手作りの品

両親への感謝の気持ちを込めて、どうせなら手作りをしよう!そう思う新郎新婦もたくさんいます。
結婚式の準備をしながら手作りのプレゼントを用意するのは、なかなか大変なことですが、こういうときこそがんばりたい、そんな人にはおすすめです。
両親へ夫婦茶碗や湯呑などの食器を作って贈ったり、メッセージボードを自分で彫って贈ったりする人が多いです。
ぜひ時間に余裕があればチャレンジしてみてくださいね。

時計

飾ってよし、使ってよしの時計が贈る側にも贈られる側にも人気のプレゼントです。
時計には、今までの時間をありがとうという感謝の思いと、これから両親でまた新しい時間を刻んでいってほしいという未来への思いが込められています。
結婚式を新郎新婦だけの新たなスタートではなく、両親にとっても新たなスタートであると思わせる希望に満ち溢れた贈り物になります。
自分たちの新居と両親の実家へ同じデザインの時計を飾れば、離れていても同じ時を刻んでいることを感じられて幸せ倍増ですね。

こんな記事も読まれています