やって良かったゲストも大満足な披露宴演出ベスト5!

12,716 views

結婚式の演出に何をしようか迷っているカップルのみなさん。

どんな演出にすれば自分達もゲストも満足できるのか悩んでしまいますよね。

今回は、先輩夫婦が実際にやって良かった披露宴の演出ベスト5をご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。



NO.1 テーブルフォトラウンド

キャンドルサービスのように各テーブルを新郎新婦が回ってテーブルごとに写真を撮影するテーブルフォトラウンド。
一つずつテーブルを回ることで、ゲストともゆっくり話せるし、何より全員との写真を必ず残せるところが魅力です。
ゲストが高砂へ行くタイミングを計る必要もないので、ゆったりと食事を楽しむことができます。
この時に撮影した写真を御礼状に添えたり、年賀状にしたりして、ゲストの手元にも残せるように配慮するとなお喜ばれます。

NO.2 料理&デザートサーブ

新郎新婦がシェフやパティシエに扮して、ゲストへお料理やデザートのサーブを行う演出です。
新郎新婦が一皿ずつ各テーブルへ届けたり、デザートビュッフェの取り分けを行ったりその方法はさまざまですが、これもゲストとたくさん時間を過ごすための工夫の一つです。
新郎新婦のコスプレチックな衣装もかわいらしいですし、ゲストも楽しめますよね。
新郎がビールサーバーを担いで回ったり、かごに入ったパンを新婦がサーブするなどアイディア次第でいろいろな楽しみ方ができます。
ゲストにとっても新郎新婦にサーブしてもらったお料理はまた格別においしいですから、おススメの演出です。

NO.3 中座のエスコート役を指名する

最近では、お色直しで中座する際のエスコート役を指名する人が増えています。
両親や祖父母、兄弟姉妹等、親族を指名する場合が多いですが、サプライズで親友を指名したり、恩師を指名したりすることもあります。
普段は腕を組んで並んで歩くなんて恥ずかしいと思っている間柄の人と一緒に中座することは、結婚式ならではの幸せな瞬間です。
指名された人も感極まって涙することが多く、感動に包まれての退場となるでしょう。

NO.4 エンドロール

エンドロールは定番の演出ですよね。
どうして定番の演出になったのでしょうか。
それは、一人一人のゲストへ感謝の気持ちを伝えるられるものであるからこそ、定番の演出となったのです。
今日一日をありがとうという気持ちを込めて、また、今日一日はここにいる全員で作ったものであるという意味を込めてエンドロールとして流しているのです。
当日の映像を撮って出しで流すエンドロールや、当日は見られない控室や前撮りの映像を使うもの、事前に新郎新婦が手作りしたものなどさまざまですが、ゲストへ込められた思いはみんな同じはずです。

NO.5 当日のフォトプレゼント

ゲストへのサプライズ効果が高いのはこの演出です。
当日撮影した集合写真等を披露宴のお見送り時にサプライズプレゼントするというものです。
ゲストが集合写真をもらうこと自体あまりない中、当日中にその写真をいただけるなんて、ゲストも驚きと感動でいっぱいになります。
新郎新婦とゲストが大切な思い出を共有できる一枚になることでしょう。
きっとゲストは帰り道に写真を見ながら幸せな二人を思い出し、また温かい気持ちになれることでしょう。

こんな記事も読まれています