出産祝いに貰っても実は余り嬉しくないもの4選。ではオススメは?

5,710 views

出産祝い、みなさんはどんなものを贈りますか?

せっかくのお祝いも、物によっては余り喜んでもらえないことも…。

今回は、実はあんまり嬉しくない、出産祝いについてのお話です。



オムツケーキ

見た目も可愛らしく、実用的。
何も問題ないように見えますが、実は以外と嫌がる人が多いのです。
一度パッケージから出したオムツは不衛生な気がして嫌だというのが理由の一つ。
赤ちゃんのデリケートな肌に触れるオムツなので、余計に気にしてしまう人も多いそう。
また、収納にかさばる、丸められたまま形がついて、使い勝手が悪いという意見も。

ファーストシューズ

赤ちゃんが歩くのはまだまだ先のことですし、その頃どのくらいの足の大きさかなんて分かりません。
サイズが合っていないものは赤ちゃんにも良くないですし、大きいならサイズが合うようになるまでとっておけても、小さくてサイズアウトしてしまえば無駄になってしまいます。
ファーストシューズは記念になる部分も大きいので、その時自分で選びたい人も多いのです。

マザーズバック

これから赤ちゃんと出かける際に必要になるバッグ。
ですが、毎回持ち歩くものだけに、自分でしっかり選びたい人がほとんど。
開口部にチャックはあるか、斜めがけできるか等、個人によって拘りのポイントも使い勝手の良さも変わってくるため、自分は良いものと思っても相手にとってそうとは限りません。

粉ミルク・哺乳瓶など

母乳育児になるかミルクになるかは個人差がありますし、粉ミルクはメーカーに拘っているお母さんも多いです。
人から貰うのも、自分の母乳が出ていないことに遠まわしな嫌みなのでは?と感じてしまう人も多いよう。
哺乳瓶はそもそも家庭で準備しているものですし、もう必要無い、などの意見や、メーカーによっては赤ちゃんが拒否してしまって使えないということも。

嬉しいものは、結局消耗品!

オムツケーキは嫌という人も、オムツ自体は非常に助かります。
ただ、新生児用は、赤ちゃんによっては生後一週間でもうサイズアウトしてしまう場合もあります。
サイズは少し大きめの、新生児用では無いものが良いでしょう。

おしりふきも物凄くたくさん使いますので、本当に助かります。
ウェットティッシュ代わりになったり、ちょっとした雑巾になったり。
余っても代替が利くので、送って嫌がられることはまず無いです。

いかがでしたか?
せっかくの出産祝い、本当に喜んでもらえるものを送る参考にしてみて下さい。

こんな記事も読まれています