話題がかみ合わない 年の差結婚での会話テクニック

1,559 views

男性が年上の年の差結婚の場合、女性が話すきっかけを失ったり、話す内容に振り向いてもらえない場合があります。 育児の話、経済的な話、将来の話、そういう話は聞いてもらわなければと思うし、相手も話をしあわなきゃなと思っているので、振り向いてもらえないということはまずないはずです。重要な話をしますよというサインと、くどくなったり横道にそれないテクニックが必要です。 むしろ子供のことでも他愛のない話の場合、あまり聞いてもらえない感じが高いのではないでしょうか。他愛がない話をする場合にテクニックをメインに、大事な話のサインなどを提案したいと思います。



男の人も考えている

男の人も、家庭についていろいろ考えています。育児や家事を、仕事と両立することなど、まじめに考えてはいますが、そのことを顔に出さないのです。
特に男性が年の差が離れていて上な場合、妻を気づかって話さない場合があります。
そういう場合、多少であれしてくれることについて褒めるというか敬意を表して、反応を見てみるのもいいでしょう。また、全くしようとしない場合もむきにならずに、冷静に尋ねてみましょう。

イベントは大事に

年の差結婚で、相当年上の夫もイベントを楽しみにしています。イベントがないと悲しむ人がいます。
反対にイベントが嫌いな人もいます、私の夫がそうです。イベントについて話すというのは結構女性としては盛り上がりやすいものですが、あなたのパートナーはどうでしょう。全く無言という人はいないと思うので、きっかけづくりにしてみるのも良いかもしれません。

ペットが話題に

子供がいないけれどペットがいる場合それが話題になります。パートナーが実はペットが嫌いということは、そんなにないと思いますが、もしそうならこの話題は避けたほうがいいでしょう。今は犬も猫も、小動物なら室内飼いが多いでしょう。人間の子供と比べるなんてと、多少感じますが、依¥子供に縁がないか、これからの人ならば、ペットの話題が子供の話題に勝るときがあります。

また犬や猫は時たま笑いたくなるようなことをします、そんなときがチャンスでしょう。

世代間ギャップというのはあります

同じ時代の空気を吸っていないため、考え方が異なったり、話題が乏しいことがあります。どうしようもないといえばどうしようもないのですが、違う面を探しあうというのはどうでしょうか、むろん変わらない面を探すというのもよいです。

それから共通の趣味を持ってみたらどうでしょう。何でもいいのです、趣味と呼べるほどでなくても、二人が共通の話題を持てばよいのです。

夫婦は十人十色

夫婦の数だけ会話のパターンがあると思います。もともとおしゃべりで、共通の話題の多い夫婦はそもそも子の悩みはないと思います。
お互い無口な場合、しゃべらなくても特に困ることはありません。
夫婦間が冷えているのと違って、単に会話をしなくてもいいだけなんです。

ただあなたが話したいのに相手になってくれなくて寂しい、困るという人は、参考にしてくださると幸いです。

こんな記事も読まれています