嘘をつかない子供に育てる方法。子どもはどうして嘘をつくの?

2,161 views
MOTHER AND SON SITTING ON PORCH

小さい子供は、大人から見れば簡単にわかるような嘘をつくものです。それは成長の過程でかなりの確率で通る道です。でも、そのまま平然と嘘をつく子どもになってしまうと困ってしまいますね。自分の子育てが間違っているのかもしれないと自己嫌悪に陥ったりするかもしれません。

素直な子供に育てるにはどうしたらよいのか、まとめてみました。



子供が嘘をついたときはどう対応したらいいの?

子供に嘘をつかれると、つい、頭ごなしに怒ってしまいがちですよね。
でも、色々な対応の仕方があって、それぞれの年齢やシチュエーションで使い分けられると良いようです。
例えば。。。
「嘘をつくと、ママは悲しいな」というようにママの気持ちを伝えたり、「嘘をついてはいけません」と正しさを伝えたりです。
また、「怒られるのがこわかったんだね」と共感してあげるのもいいですね。

親が怒った時の子供の反応。

「嘘をつかないで!」と親が怒ると、子供は「嘘じゃないもん」と、反射のように言い返します。ムキになって言い返していると、あとは押し問答になってしまいます。
大切なのは、子供が素直になれる環境を親が作ってあげることです。

じゃぁ、どうしたらいいの?

子供が嘘をつくシチュエーションというのは、何か良くないことをして「怒られる」のが嫌でごまかすために嘘をつくということが多いですよね。
良くないことをした時に強く怒ったり責めたりすると、自己防衛のために嘘をつくのです。
それならば、感情に任せて怒ることをやめれば、子供は「嘘をつく必要がなくなる」ということになります。

「怒る」から「褒める」へ

大切なのは、良くないことをした時に、「悪いと認る」そして「謝る」ことが大切だと教えて、それが出来たときは褒めてあげることです。
正直に話すことでママが喜ぶということを覚えると、子供は素直になっていくものです。

ママの心が落ち着くことが一番大切。

最後に、もし、怒ってしまっても、それは失敗ではありません。自分を責め無いようにしてください。
ママだって人間ですから、つい怒鳴ってしまうこともあります。
その後に、子供と向き合って話をしてあげて下さい。怒鳴ってしまったことを謝ってあげて下さい。
ママと子供の良い関係づくりは、お互い正直に向き合うことです。

こんな記事も読まれています



シェア