今話題!新生児フォトとはどんなもの?

4,373 views

赤ちゃんの写真をスタジオでカメラマンさんに撮ってもらう。

一番はじめに撮る機会と言えば生後1ヶ月くらいのお宮参りが一般的ですよね。

そのあとは生後100日のお食い初めなどもあります。

しかし今は生後1ヶ月よりも早くとってもらう新生児フォトというのが流行っているらしいです。

どんなものでしょうか。


どんなもの?

生後1週間から3週間以内くらいににカメラマンさんに撮ってもらう赤ちゃんの写真です。
外出をするのが難しいので病院や家へ出張してきて撮ってもらうのが一般的です。
お宮参りなどだと綺麗な着物やドレスを着せたりすることも多いですが新生児フォトは赤ちゃんのそのままの裸の写真も多いみたいですよ。

金額は?

出張してもらうことが多いので一般的なスタジオでカメラマンさんに撮影してもらうよりは多少は高くなるみたいです。
出産してからはバタバタするので出産前からきちんと調べておきたいですね。
また予約は出産日というのは事前には確定できないのでだいたいの日程を決めて、生まれてからきちんと日にちを決めるみたいです。

良いところ

1週間から3週間くらいだとなかなか外出もしない時期ですよね。
この生まれたての写真はこのときにしか撮れません。
また赤ちゃんの眠りも深いので撮りやすいのです。
また出張してきてもらうのでしたらママの負担も少なくてすみますね。

新生児フォト以外にも

最近は赤ちゃんの寝相アートなんかもはやっていますよね。
おむつを使って生後何日という数字を作って赤ちゃんと一緒に撮っているのもよく見かけます。
それだと家でも気軽にできていい思い出にもなりますよね。
また以前だと撮った画像の中からいくつか選び写真とアルバムにしてもらうというのが多かったですよね。
今はたくさんの画像を撮りそれをすべてデータで販売というのも多いみたいです。
それだと泣いちゃったりうまくポーズが撮れなかったりのNGショットも残しておくことができますよね。
データでもらって気に入ったものだけ自分で現像しアルバムを作ることもできます。

最後に

マタニティフォトに、新生児フォト、お宮参りにお食い初め、初節句、七五三、入園、入学などフォトスタジオなどでカメラマンさんに撮影してもらう機会がたくさんありますね。
いつもとは違う服を着て本格的にとってもらう写真。
思い出に残りますよね。
しかし全部を撮ってもらうというのはなかなか大変なので気になるものを選んでいい思い出にしたいですね。

こんな記事も読まれています