一生の思い出に残る結婚式にオススメのウェディングブーケ【生花編】

4,153 views

結婚式の準備でドレスが決まったら次はブーケ選びですね!どんなブーケを持つかで花嫁の印象も変わる重要な役目を果たします。お花の種類も様々ですが、中でもフレッシュで生き生きとした生花でのブーケはやはり人気です。こちらでは生花を使った定番のブーケをご紹介します。



キャスケードブーケ

滝が流れるようなラインが特徴的なブーケで、結婚式での正統派、王道のブーケです。ショート型やスリム型、迫力のある大き目サイズなどバリエーションが豊富です。ある程度大きい、存在感のある花を使って、ゴージャスな雰囲気を出すことが出来ます。また、小柄な方はショートキャスケードにするなど、自分に合ったスタイルが出来ます。教会式では白い花とグリーンで組んだこの形のブーケが正式とされています。

オススメドレス:Aライン、プリンセスライン

ラウンドブーケ

こちらもキャスケードブーケと並んで、王道のブーケです。正面から見たときに、丸い形になるように組んであるスタイルです。選ぶ花や色でイメージを自由に変えられるため、あらゆるドレスに合います。一色の花でまとめればスタイリッシュになり、色々な花を使えば華やかになったりかわいくなったり。合わせる色次第で、ウェディングドレスにも、お色直しのカクテルドレスに合わせることも出来ます。また、小ぶりのラウンドブーケはブーケトスにもぴったりです。

オススメドレス:Aライン、プリンセスライン、ベルライン

クラッチブーケ

クラッチとは「ぎゅっとつかむ」という意味。お花の自然な美しさを生かし、茎の切り口を揃え片手に持てる太さに束ねたブーケです。ナチュラルなのが魅力です。使うお花の種類によって印象が変わり、カラーやユリなどの茎の長いものは大人っぽい印象に、丸みのあるローズや可憐な花を使うとかわいくキュートな印象になります。ガーデンウェディングやレストランウェディングにぴったりです!

オススメドレス:(茎の長いお花を使ったブーケ)スレンダーライン、マーメイドライン(丸みのあるブーケ)Aライン

オーバルブーケ

ラウンド型を少し縦に長くした楕円を描くブーケです。優しげな印象が魅力です。ボリュームがあるため、大きめの花や動きのある葉が映えます。スカートにふくらみがあるタイプのドレスによく合います。白い花で作ればノーブルな雰囲気でトレーンを引く正統派のドレスと相性抜群、優しい色合いの花であれば、愛らしいドレスに合います。

オススメドレス:プリンセスライン、ベルライン

クレッセントブーケ

クレッセントとは三日月という意味。三日月のような、弧を描くデザインのブーケです。エレガントで上品なイメージです。左右非対称に作ることで存在感が出ます。縦と横2パターンの向きがあり、縦型はシャープな印象になるので、細身のドレスに合います。

オススメドレス:Aライン、スレンダーライン

こんな記事も読まれています