人生で一番キレイな自分を残すために♪先輩花嫁が必ずやってる5つのこと

1,623 views

女性が人生で一番輝く日、それが結婚式。

たくさんの方に祝福され、その日1日はあなたが主役になります。

当然、ゲストの目線もたくさんのカメラもあなたに集中。花嫁姿は一生の記憶にも記録にも残ります。

そんな大事な日だからこそ、人生最高の自分で臨みたいですよね。

そこで、先輩花嫁が実践していた花嫁ビューティーについてまとめてみました。



ブライダルエステ

結婚式の日取りが決まったら、その日に向けて自分磨きの計画を立てると思います。
その中で、誰しもが検討するのがブライダルエステではないでしょうか。

一口にエステと言っても、長期間通って仕上げるコースから、直前駆け込みのプランなど、種類は様々。
フェイスやボディ、痩身か美肌かなど、目的によっても実際に受ける施術の内容は変わってきます。
もちろん、内容によって費用も変動するので、エステにかける予算とケアしたい部分をしっかりと吟味する必要があります。

花嫁さんに圧倒的に人気なのが、デコルテをケアするプラン。
普段はあまり気を配らない部位ですが、ドレス姿になるとみんなの注目を浴びることになるため、エステで磨く人が多いようです。
その他、背中や二の腕など、ドレスでは隠れない部位や、フェイシャルケアを集中的に行うコースも人気があります。

大手サロンや専門サロンから多くのブライダルコースが組まれているため、どこに通おうか決めかねる方も多いと思います。
そんな方には、各サロンが用意している体験コースに申し込むことをおすすめします。
自分の求める結果が得られるかどうか吟味して、サロン選びの目安にするといいでしょう。

直前の駆け込みケアで十分、と言う方は施術の内容や口コミをしっかり確認してから申し込むよう気を付けてください。
人によっては、マシンの跡が残る・赤みや痣が出る・肌あれが発生する、などのトラブルが起こる可能性もあります。
式までの準備期間をしっかりと設けることが大切です。

一生に一度、せっかくの機会ですから、エステという贅沢な力を借りて、美しさに磨きをかけるのもいいと思います。

脱毛

最近はビスチェタイプのドレスが流行っていることもあって、胸元や背中が大きく出ているドレスを着る花嫁さんも多いようです。
露出部分が多いと気になるのが贅肉。そして忘れてはいけないのが「毛」の問題です。

ドレス姿になると、腕、肩、わき、背中、うなじ等の上半身のお肌がたくさんの方の目に触れることになります。
さらに、あらゆる角度からカメラを向けられるので、自分では見えていないところのムダ毛が映ってる…なんて残念な写真を撮られてしまう可能性も。

そんな不安から、多くの花嫁さんが脱毛サロンに通い始めるようです。
結婚や出産をするとなかなか時間が取れなくなるため、思い切って全身脱毛を契約するという人も。
自己処理に比べて、施術後の安心感もありますし、剃刀の刺激で傷つけられる回数が減り、お肌がきれいになるという嬉しい効果もあります。

ただ、満足感を得られるまでには長い期間を要する場合もあり、本番までの日数によっては間に合わない場合も。
最近はお手頃なコースを提供しているサロンも多いので、結婚式まで余裕があるという人は検討してみることをおすすめします。

シェービング

ムダ毛のお手入れ方法として、もうひとつ先輩花嫁の皆さんが行っているのが、ブライダルシェービング。
脱毛サロンに通う経済的・時間的な余裕がないけれど、背中やうなじのムダ毛をお手入れしたい…という方には、シェービングという方法をおすすめします。

主にブライダルエステを扱っているサロンや、理髪店、専門店などでシェービングを受けることができます。
自己処理をするよりも確実に美しく剃ることができ、また古い角質も一緒に落としてくれるので、肌質もきれいになる効果を期待できます。

特にうなじは、美しいラインを残して剃ることができるので、脱毛サロンですべての毛をお手入れするよりもきれいな仕上がりになります。
和装をする人や髪型をアップにする人はシェービングをおすすめします。

シェービングに行くタイミングは式の1週間~3日前を推奨しているお店が多いので、早めに予約を取るようにしましょう。
また、お肌との相性を確認するうえでも、式直前意外に一度来店しておくと安心です。

まつげエクステ

結婚式本番では、普段のメイクよりもしっかりお化粧する花嫁さんが多く、特に目元はぱっちりと強調させたい、という希望がある方がほとんどです。
プロのヘアメイクさんの技術にお任せすれば希望通りに仕上げてもらえますが、それでもやっぱり思い通りの目元にしたい!とまつげエクステに挑戦する花嫁さんも多いようです。

まつげエクステは自分のまつ毛に付け毛を装着して、まつ毛を長く見せる効果がある方法。
一度つけると、3週間くらいもちます。
マスカラやつけまつげのように汗や涙で落ちてしまう心配もなく、自然な仕上がりで目元を華やかにすることができる点が、花嫁さんに人気の理由です。

まつげエクステにはカールの弱い順にJカール、Cカール、Dカールなどの種類があり、太さや長さ、本数、材質によってお値段も変わります。
目尻を強調したり、真ん中を長くしたり、つけ方によって印象が変わるので、自分の理想の目元に適したエクステの種類・つけ方を相談してみましょう。

可能であれば、リハーサルメイクの前にまつげエクステをして、施術後の目元を事前にヘアメイクさんに見てもらった方が、似合うメイクを提案してもらえるので安心です。

普段のメイクやお手入れも楽になるので、あまり濃いメイクを好まない人にはおすすめです。

ブライダルネイル

お肌やボディライン、メイクなど、「見られる」部分をきっちり磨いた花嫁さんなら、必ず行うのがブライダルネイル。
普段はネイルなんてしない、という人も、この日だけはキラキラの指先に仕上げる人がほとんどです。

指輪の交換やケーキ入刀など、意外と手元に注目が集まる場面が多い結婚式。
お気に入りの指輪をはめた手元の写真を残しておきたいと、カメラマンさんに手元のショットを依頼する人も多いようです。
みんなの視線を集める手元は、指先まできれいに磨き上げておきたいですよね。

デザインとしては白フレンチが王道ですが、薬指にホログラムやストーンを乗せて目立たせたり、カラードレスの色に合わせるのも人気です。
ジェルやスカルプなど、ネイルの種類も様々ですが、記念に残しておきたいとネイルチップを作成する方も多いようです。

その後の予定や自分の好みに合わせたネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

人生最高の自分になるために、いつもよりもちょっと贅沢な自分磨きをできるのも花嫁の特権。

ですが、花嫁を綺麗に見せるために一番大切なことは、幸せそうな笑顔。
エステやネイルは、その笑顔を輝かせるためのほんのサポートにすぎません。

結婚式当日に自信を持ってゲストの前で笑えるよう、セルフケアも行いながら、花嫁ビューティーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています