出産後のアロマテラピー活用術。ストレス解消におすすめ!

893 views

辛い陣痛を乗り越え、無事出産を終えて、可愛い赤ちゃんに会えた喜びは格別です。ひとまずお疲れ様でした。これからは可愛い赤ちゃんと共に、お母さん業に励む日々が続きます。産後は体も心も大切な時期です。周囲の助けをめいっぱい借りて、無理せず過ごして下さい。お出かけできないこの時期に、アロマテラピーでストレス解消するのも良いでしょう。

後陣痛

子宮が元に戻る時におきる痛みです。初産より、お産を重ねると痛みが強くなるとも聞きます。私自身も一人目はわりと大丈夫でしたが、二人目三人目には陣痛より痛いんじゃ…という気持ちでした。あまり痛みが強い時にはお医者さんに相談して下さいね。痛みを和らげるイランイランやゼラニウム、子宮の収縮を促すジャスミンやクローブの精油がおすすめです。

マタニティブルー

産後はホルモンバランスも崩れ、子育への不安やストレスから精神的に不安定になりやすい時期です。マタニティーブルーがきっかけで、長期間うつ状態になる場合もあります。産後は無理せず、周囲の手助けも借りて、心も体もゆっくりと休むようにしましょう。気持ちを明るくするローズやイランイラン、リラックス効果があるローマンカモミールなどの精油を上手に活用して下さい。バスソルトを作って何もかも忘れてゆっくりとお風呂に入るのも効果的ですよ。

乳腺炎

おっぱいがカチンコチンになったり、腫れたり、時には熱まで出る事のある乳腺炎。脂っこい食事や、ケーキなどを食べると乳腺が詰まりやすくなります。食事に気をつけるのはもちろんですが、我慢しすぎも辛いもの。乳腺炎になりそうな時は、蒸しタオルなどでおっぱいを温めるのも良いでしょう。炎症を抑えるラベンダーや血行を良くするゼラニウムがおすすめです。スクワランオイルは肌への浸透性が高く、詰まっている母乳を溶かしてくれます。ひどい時には早めにお医者さんに相談してくださいね。

腱鞘炎や筋肉痛、肩こりに

赤ちゃんのお世話に慣れないうちは、緊張と無理な体勢で筋肉痛や肩こりに悩まされたり、腱鞘炎になる事も多いです。
痛いからと言って、赤ちゃんは待っててくれないし、病院に行く暇もなかなかないですよね。
痛みを少しでも和らげるには、筋肉の緊張をほぐすサイプレスやマージョラム、鎮痛作用のあるローズマリーやローマンカモミール、血行を良くするゼラニウム精油がおすすめです。炎症を起こしているような時は、マッサージは控えましょう。急な痛みは冷湿布、慢性的な痛みには温湿布が良いとされています。

冷え

産後はホルモンバランスが急激に変化する為、自律神経が乱れ、血流が悪くなり、冷えを感じることがあります。赤ちゃんのお世話に心身ともに疲れるせいもあるでしょう。なかなかゆっくりとお風呂に浸かれない時は、手足をマッサージするだけでも効果的です。加温作用のあるレモンやスイートオレンジなどの柑橘系の精油がおすすめです。