子連れ再婚躊躇していませんか?子連れでも幸せになれる5つの方法

1,798 views

離婚した時は、もう男なんていらない!子供のために頑張って生きていく!と決心してシングルマザーとして頑張ってきたけれども、その生活も少しずつ落ち着いてくると、好きな人ができたり、誰かに頼りたくなったりしてしまうことは決して悪いことでもなんでもありません。

 

たった一度の人生。

子供がいたって、自分の人生を大切にしていくことは大事ではないでしょうか?

子供も大好きなお母さんが幸せそうにしている姿を見て嬉しいはずです。

それに、子供からしたら自分のために我慢して、自分のためだけに頑張られるのは重荷になるかもしれません。

 

なかなか踏み切れない一歩を、少し勇気を出してみませんか?

新しい人生が待っているかもしれませんよ。



まず自分がその相手を好きかどうか

子連れの再婚となると、自分の子の父親としてこの人はどうなのか気になるのは当然だと思います。
しかし、その相手が好きかどうかがまず先決です。
好きな相手を愛を育んでいき、そのなかでこれからの自分たちのことを考えていけばいいと思います。
最初から相手に父親を求めてはいけません。
子供との絆が育まれていくなかで、徐々に父親としての気持ちが自然に芽生えるものなのですから、最初から父親を求めてしまうと、決してうまくいきません。

相手の理解

子供がいるとなると、当然相手の理解が必要になってきます。
相手がどこまで受け入れてくれるか、しっかりと話し合い理解してもらうことが子連れ再婚するにあたり大切なことになります。
どんなに好きな相手でも、理解してくれない相手だとしたら、再婚はやはりうまくいかないでしょう。
反対に相手の気持ちを理解してあげることも大切なことです。
子供とうまくいくだろうか、どんな生活になるのだろうか…と、相手も不安でいっぱいなはず。

お互いを思いやって、理解し合うことが再婚の一歩になることでしょう。

子供の気持ち

相手の理解を得ることができたら、次には子供の気持ちです。
その時の年齢や環境にもよってきますが、決して焦ってはいけません。
時間をかけて子供に相手を会わせて、子供の気持ちを汲んで交流を徐々に深めていくといいでしょう。
焦らず、時間をかけていくことがポイントです。

母親としての自分を見てもらう

子供のいないところでは、相手からは女としての自分しか見えていないと思います。
でも再婚となると、母親としての自分を見てもらい、それでも自分を好きでいてくれるかどうかは再婚するにあたってのポイントになると思います。
二人の絆が強まってきたら、子供を含めて一緒に何処かへ遊びに行ったりしながら、母親としての自分もみてもらうことも大切ではないでしょうか。

タイミングが大事

先程も記しましたが、決して焦ってはいけません。
再婚となると環境がガラッと変わります。
子供の年齢やその時の心境やなども含め、しかっりとタイミングを見計らって再婚に踏み切ることがとても大切なことだと思います。
タイミングが悪いと、全てが悪い方向にいってしまう危険があると思います。
お互いの気持ち、子供の気持ち、それ以外に物理的なこと…
考えることがたくさんでうんざりと思うかもしれませんが、そのひとつひとつを乗り越えることで、幸せな再婚生活があるのです。

みんなが幸せになるための再婚。
時間をかけていい家族がつくれるといいですね。