結婚式の余興、どんなものが喜ばれる?ベスト6と注意点

4,004 views

結婚式・披露宴、二次会などで皆で楽しめる余興にはどんなものが
あるでしょうか?ベーシックなものからちょっと意外性があるものまで
探してみました。新郎新婦に喜んでもらえるためにいい余興を
やって結婚式を盛り上げたいものですよね。

特に披露宴では幅広い年齢の方が出席されるので
その点も留意しましょう。



新婦の友人による歌のプレゼント

これは今も昔も..という感じかもしれませんね。
歌うものは、もちろんお祝いソングですから結婚式にふさわしいもの
がいいでしょう。せっかくですから、練習もみっちり重ねて
自信がある人は思い切ってハーモニーやアカペラに挑戦してみるのも
いいかもしれません。

楽器演奏による音楽のプレゼント

中にはバンド活動を学生時代、あるいは現在もしていて
プロ顔負けの方もいると思います。
自慢の腕を発揮するいいチャンスかもしれませんね。

マジックの披露

指先が器用な人は、手品で招待客をあっといわせるのも楽しそうです。
トランプマジックや手品セットも比較的簡単にできるものが
市販されたりしていますので、それを使うのもいい方法です。

ちょっと路線を変えて、マギー司郎さん風にとぼけた味の
マジックをやってみるのも面白いかもしれないですね。

新郎・新婦の取扱説明書

新郎あるいは新婦の友人何人かづつによる、新郎新婦の説明ですね。
「○○なところがありますので注意してください」などと取り扱い説明書風に
2人の性格の短所・長所などをユーモラスに表現するのです。

個人的な意見で恐縮ですが、私の親友の披露宴で、この余興が
おこなわれていましたが、会場の爆笑をさらっていました。

ただ、この場合は暴露して欲しくないことがらも新郎新婦側に
あるかもしれませんので、前もっての確認も必要です。
息をあわせてスムーズに話せるように練習もするといいですね。

新郎・新婦の生い立ちから出会い、なれそめをスライド・動画で。

もっとも今らしい演出かもしれません。誕生の時や子供の頃
の写真、友達やお互いの家族のコメントも織り込みつつ、
VTRをつくったりも素敵ですね。

手の込んだ演出で、本人の出演による再現ドラマで
出会いからプロポーズにいたるまでを表現するという手も。
時間もかかりそうですが、その分会場は盛り上がるでしょうし
いい記念になりますね。編集の仕方等つくった人のセンスも
光る作品になると思います。

両親からの手紙

ザ・ウエディング】佐久間りょうこのウエディング・ダイアリー|ザ ...
こちらも以前からあるものだと思いますが、親御さんから新郎新婦への
手紙は心打たれるものがあります。招待客も思わずもらい泣きしてしまう
感動的なシーンを演出できるといえるでしょう。

朗読は、もちろんお父さんお母さんご本人がするのもいいでしょうし
ご本人が恥ずかしいという場合は、司会進行の方に
お任せするというのもいいと思います。

こんな記事も読まれています