どこにしたらいい?!結婚式場を決める上で重要なこと

1,296 views

人生一大イベントの結婚式。
一生に一度のビッグイベント、新郎新婦はもちろん、列席者の方たちにとっても忘れられない一日になるよう、素敵な結婚式にしたいですよね。
結婚式を挙るとなると、まずは式場選びから。沢山ありすぎてどこにしたらいいのか分からない!!というあなたに、結婚式場を決める上で大切なポイントを5つお伝えしたいと思います。


アクセスの良さを考えよう!

結婚式を挙げるまでに、新郎新婦は打ち合わせのために何度も式場に足を運ばなければなりません。家から遠すぎたり、駅から遠すぎたりすると、結構負担になってしまいます。
家から遠いことに関しては、まあ2人だけが我慢すればよいのですが、駅から遠いとなると、参列者の方々も当日長い距離を歩いたりバスに乗ったりタクシーを使ったりと大変になってしまいます。
また、新郎新婦両家や親族、友人たちを招く際に、多くの方が飛行機を利用するのならば空港からのアクセス、電車であれば主要駅からのアクセスなども考慮することが大切です。

参列者の人数を考えよう!

どんなに式場を気に入っても、自分たちが招待する予定の参列者の人数と会場が見合わなければ使うことができません。人数が多すぎて入りきらない、逆に少なすぎて借りるとなると多額の利用料を払わなければならない…といった問題です。
参列者の人数を考えて式場をまず絞るようにしましょう。

予算を考えよう!

結婚式というのは、人生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。何かとものすごくお金がかかります。
せっかくのお祝いの式だからケチらず豪華にしたい!という気持ちはもちろんありますが、あれもこれもと選んでいくとものすごい額になってしまいます。
予め予算を決めて、その半分の額くらいで利用できる式場を探しましょう。式場が最初に出す額は最低額なので、そこから演出やペーパーアイテムなど、結婚式には必要不可欠のプラスアルファーのものでどんどん額は上がっていきます。

天候に左右されない!

ガーデンウエディングは気持ちもよく開放的な空間でとっても写真映えもする素敵な結婚式になること間違いなし!ですが、これはあくまで晴れであればの話です。雨だと新郎新婦はもちろん、参列者の方々のドレスやスーツも濡れてしまいます。せっかく最高のオシャレをしているのに雨で服も髪もぐちゃぐちゃ…では最悪!
ガーデンウエディングの会場を選ぶ際は、雨でも代わりに中の式場を使えるのかどうかなど、雨だった場合の対応が問題ないか確認することが重要です。

日時を決めよう!

当日の主役は新郎新婦お二人ですが、参列者の方々なくして結婚式は成り立ちません。遠方から来られる参列者が多い場合は、あまり朝が早かったり、終電がなくなってしまうような時間を選ぶのは喜ばれません。二次会をする予定があるのならば、お昼頃~始まる時間を選ぶのが一番無難でしょう。
また、休みが取りにくかったり忙しい年度初め、毎年の過ごし方が決まっているような年末年始も出来れば避けると良いでしょう。

いかがでしたか?
一番大切なのは自分たちの気持ち、そして参列者の方々の立場になって考えることです。
一生に一度の結婚式、最高の一日にしてくださいね!

こんな記事も読まれています