もしかして妊娠!?妊娠検査薬が反応するタイミング

16,786 views

あれ?そういえば今月まだきてない??

もしかして、、、妊娠!?

 

今や、産婦人科に駆け込む前に、自宅で妊娠検査薬を試すのは常識。

でも、生理予定日一週間後までなんて待てない!すぐにでも知りたい!!

そう思っている女性はたくさんいます。

かくいう私もその内の一人です。

 

実際のところ、妊娠検査薬のフライングって、いつごろから反応するのでしょうか。

新型出生前診断なら「NIPT平石クリニック」。全国各地の駅チカで検査可能!



生理予定日から

生理予定日から何日経てば、反応がでるのでしょうか。

1位:生理一週間前~生理予定日
この時期は、妊娠三週目にあたります。

2位:生理予定日~六日後
この時期は、妊娠四週目にあたります。

3位:生理予定日一週間後~二週間後
この時期は、妊娠五週目にあたります。

4位:前回の生理から14~20日
この時期は、妊娠二週目にあたります。
だいたい排卵日の時期です。

5位:生理予定日二週間後~三週間後
この時期は、妊娠六週目にあたります。

妊娠を希望している人なら、だいたいこれくらいの時期には、検査薬を試されているのではないでしょうか。

生理不順の方だと、上記の時期より遅く反応することも考えられます。

高温期から

基礎体温を測っている方のみになりますが、高温期の日数から反応する時期をご紹介します。

1位:高温期8~14日目

2位:高温期15~21日目

3位:高温期22~28日目

4位:高温期0~7日目

5位:高温期29~35日目

高温期は、11~15日間続くのが望ましいとされています。

高温期とは、排卵日の次の日を1日目としてカウントするのですが、排卵日を特定するのが難しいんですよね。

排卵検査薬を併用してみると分かりやすいかもしれませんが、基礎体温だけで見るならば、低温期の平均体温から0.3~0.5℃以上高くなった時を1日目とカウントしてみてください。

蒸発線って?

妊娠検査薬の反応で、気になるのが「蒸発線」。

私自身はまだ見たことがないのですが、たまに見られるようで、ネットでもいろんな情報が載っています。

蒸発線が出た時は、陽性ではなく妊娠していない、という結果になります。

・説明書にあるよりも薄い線が出た
・説明書記載の時間よりも遅くに線が出た

このあたりは、検査薬をするタイミングが早すぎたからか、蒸発線なのか微妙なラインなのですが、時期的には間違っていなければ蒸発線としてみるほうがいいかもしれません。

・グレーのラインが出た
・薄い線が一瞬見えて、すぐ消えた

これは、蒸発線の可能性が高いようです。

蒸発線を見た時、反応が微妙だった時は、もう少し日数をおいてから再検査してみてください。

妊娠検査薬の種類と反応

通常、市販で店頭に並んでいるのは、生理予定日から一週間後から使用できるものです。
こちらは、尿中HCG濃度が50IU/Lから反応します。

その他に、早期妊娠検査薬というものもあり、チェックワンファストがその検査薬です。
こちらの検査薬は、店頭には並んでおらず、薬剤師が常在するドラッグストアなどで購入可能です。
購入の際には、名前と住所を紙に記入する必要があります。

尿中HCG濃度は、25IU/Lから反応します。

海外製の妊娠検査薬も、このチェックワンファストと同じ感度のようです。

筆者も使用したことがありますが、海外製のものより日本製のほうが、反応が良かったと思います。

妊娠検査薬を使用する際の注意点

どこでも手に入れることができ、手軽に検査ができる妊娠検査薬。

しかし、この検査薬はあくまでの予備検査のような気持ちでいてください。
実際の妊娠確定は産婦人科で行うことになります。

たとえば、妊娠検査薬で陽性反応が出たのに、産婦人科で診てもらったら何も見えなかったということもありますし、尿での反応さえもなくなってしまっていた、ということもあります。
この場合は、化学的流産(ケミカル・アボーション)というものになります。

最近、フライング検査という、規定の検査タイミングより早く検査をする人が増えたため、この化学的流産を知る人が増えたようです。

昔は、いつもより生理が遅れただけ、とか、いつもより生理が重いな、という程度で終わっていたようです。

妊娠検査薬を使用する時期は、あくまでも検査薬の説明書に記載の時期に行うことをおすすめします。

いかがでしたか?
妊娠を希望していると、やはり毎日の生理からの日数が経つたびにドキドキ・そわそわしますよね。

高温期で口にくわえる体温計に心拍数があがったり。

また、妊娠検査薬の種類によっては、一度でた陽性のラインが時間が経ちすぎると消えてしまうこともあるそうです。

大事な記念、写真におさめておいてください。

一人でも多くのみなさまが、陽性の二本ラインを見ることができますように。



こんな記事も読まれています