子供を虫歯にさせない為に、赤ちゃんのうちから親ができる事。

1,322 views

赤ちゃんが生まれ、歯が生えてくると気になるのが虫歯の事。

赤ちゃんはもちろん自分では歯磨きができませんし、幼児でも自分で歯磨きをしたところでが不十分な歯磨きしかできません。

それでも虫歯になれば痛い思いをするのは子供です。

子供をできる限り虫歯にさせないようにできるのは両親、身近な家族しかいません。そこで子供を虫歯にさせない為にすべき事、出来る事をまとめてみました。



虫歯になる原因を知ろう!

まずは虫歯になる原因を知りましょう。

虫歯は歯の質。虫歯菌。砂糖が多い食べ物を食べる。の条件が揃った状態で時間が経過することで虫歯になってしまうのです。

ですから虫歯になりやすい歯の質だとしても虫歯菌が無ければ虫歯になりにくいし、砂糖が多いものを食べたとしてもすぐに歯磨きをシッカリして口の中をキレイな状態に保っていれば虫歯になりにくいわけです。

それぞれを完璧にすることは難しいのですが、それぞれの要因に対策をして虫歯にならないように気をつけましょう!

歯の質を良くする。

まずは歯の質を良くする事を考えます。
歯の質はもともと生まれ持ったものもあるのですが手入れをすることで歯の質を良くすることができます。

歯を強くするのにはフッ素の塗布が効果があると言われています。

フッ素には歯を強く丈夫にし、歯を溶かす酸の生成を抑制し、虫歯になって溶けた部分も再生するという作用があります。

フッ素は歯医者さんでも塗布してもらえますし、自宅でも市販のフッ素スプレーやフッ素入りの歯磨き粉などを使う事でフッ素を塗布することができます。

虫歯菌を移さないようにする。

よく虫歯菌が移るからキスは我慢!というのを聞いた事がありますが、それはその通りで菌が全くない状態の 赤ちゃんの口内に虫歯菌が入ってしまうというのはやはり親の虫歯菌が移る可能性が一番高いのです。

自分のお箸で子供の食事をつままないことなどは気をつければできます。でも菌というのは風邪でもそうですが気づかぬうちに移っているもの。だから最大限に気をつけていても虫歯菌が移ってしまうこともあります。なので虫歯菌を移さない努力はしつつ、他の要素を作らないようにすることも考えましょう。

虫歯になりやすい食べ物を避ける。

虫歯になりやすい食べ物は大まかにいうと、砂糖が多く含まれているもの。食べるのに時間がかかるもの。口内に留まりやすい歯にくっつきやすいものがあります。

具体的にはアメ、ガム、チョコレート、キャラメル、アイスクリーム、ジュースなど。子供が好きなオヤツばかりですね。

それらを避けられればいいのですが、子供も美味しいオヤツが食べたいと思うので絶対食べない!というのは難しい所です。でも虫歯になりやすい事を頭には留めておいて出来るだけ食べ始める時期を遅らせたり、食べ過ぎないようにしたいですね。

それと長時間口の中に甘いものが留まるというのも虫歯になりやすい要因なので、食事やオヤツは時間を決めてダラダラ食べずに食べた後は歯磨きをする。もしくはお茶をのんだりして口の中をスッキリすると虫歯菌が口内に留まりにくくなります。

虫歯になりにくい習慣をつけよう!

虫歯にならない為に重要なのはやはり歯磨きです。
乳児はあまり甘いものを食べる事も無いと思うので虫歯になりにくいとは思いますが、お母さんの膝の上で口を開けて歯を拭いてもらったりするだけでも歯磨きの練習になります。
自分で歯磨きはできなくても専用の歯ブラシを用意して、乳児のうちから一緒に楽しく歯磨きをする習慣をつけてあげましょう。
初めは嫌がる場合が多いと思うのですが、音楽をかけたり、楽しいスキンシップをしながら歯磨きするといいと思います。

そして仕上げ磨きは必ず仕上げ磨き専用のブラシの部分が小さい歯ブラシを使い歯の間など汚れが溜まりやすい部分もしっかり磨いてあげましょう!

いつかは抜けて生え変わる乳歯ですが、永久歯の生え方に影響する事もありますし、小さい頃の歯磨き習慣は後々に影響するので、赤ちゃんの頃から楽しい歯磨き習慣、虫歯になりにくい食習慣をつけておくと子供が虫歯で辛い思いをする可能性を減らせるはずです☆

こんな記事も読まれています