上手妻になる‼︎夫婦喧嘩を減らす方法。

3,441 views

「もぉ〜〜!イライラする‼︎」

夫婦喧嘩の原因は小さな事から大きな事までさまざま。
夫婦と言ったって元々は赤の他人ですからね。金銭面の問題、価値観の違い、生活習慣、など原因となるものが山のようにある中で一緒に生活している訳ですから夫婦喧嘩が起こるのは当然のことなんではないでしょうか。

最も夫婦喧嘩が起きやすい原因4つをまとめてみましたので、これを参考にして少しでも夫婦喧嘩が減るようにお互い努力をしてみましょう!



【何故喧嘩になるの?】

どんなに仲の良い夫婦でも一度は夫婦喧嘩をした事があるのではないでしょうか?
元気な日も風邪な日もイライラしている日も毎日顔を合わせている夫婦だからこそガマンにガマンを重ねた結果、爆発してしまい感情的にぶつかり合う事になるのです。
喧嘩になると言ってはいけない事を言ってしまったり、過去の話を持ち出してしまったり…。
さかのぼりすぎて論点がずれるとますます収拾がつかなくなってしまいます。
話し合って理解を深めるというよりも〝勝負〟になってしまうと一向に前に進む事ができなくなるのです。

【言葉使いや言い方がキツイ・感じが悪い】

普段一緒にいることが当たり前な夫婦ですから徐々に会話における気づかいがなくなっていきがちです。
しかしそのちょっとした気づかいのなさが余計な夫婦喧嘩を起こす原因ともなってしまうのです。

イライラしている時や心に余裕がない時などはついつい言葉や態度に出てしまいます。それを言われた方も同じようにイライラして乱暴な言葉で返してしまうのです。

相手の事を否定したり批判したり「もう知らない」「ふーん、だから?」など、開き直ったり捨てゼリフを吐いて話し合いを放棄してしまっては問題の解決にはならずお互いにしこりを残すことにしかなりません。

ついついカチンッときて口論で相手を打ち負かしたくなる気持ちも分かりますが感情的になってはいけません。
一度深呼吸をして「私の言い方も悪かったのかも」と考えるだけでも落ち着いて話し合う事ができますよ。

【言わないと何もやらない】

仕事から帰ってきたら脱いだら脱ぎっぱなし、休みの日でも家事を手伝わない、同じことを何度言っても直らない。言ったら言ったで「ハイハイ。」「あとでやるよ」「疲れてるんだよ」と面倒臭そうにやったり不機嫌になったり。
これはどこの家庭にも共通する事かもしれませんね。
男の人は心のどこかで「女がやるのが当たり前」だと思っているのでしょう。それはきっと母親の姿を妻に重ねて見ているからなのです。母親なら子供の面倒を見るのは当たり前ですからね。つまり男の人はいつまでたっても子供なのです。
日々日々の小さな不満を溜め込んでいると「私はあなたのお母さんじゃないのよ‼︎」と積もった不満が一気に爆発してしまいます。

そうならない為にも普段から役割分担を決めておいたり、「やってよ!」「やってくんない?」と乱暴な言葉で強要するのではなく「今◯◯やっていて手が離せないから、手伝ってくれるかな?」と相手が「手伝ってあげよう」と思わせる言葉や態度で男の人を動かしましょう。そうする事で男の人は「オレは頼りになる大黒柱」と気分良く動いてくれるのです。

【金銭面で問題が生じた時】

一番の夫婦喧嘩の原因といっても過言ではないのでしょうか。
お互いのお小遣い、生活費不足、臨時出費など、お金が絡む話は大抵ピリピリしてしまいます。
夫婦仲がうまくいっていないと尚更「あなたの収入が少ないから!」とイライラして喧嘩の原因になりやすくなってしまいます。
普段からコミニケーションをしっかりとしていて夫婦仲を築けているのであれば「お金がないから揉める」ではなく、「どうすれば乗り切れるか」と協力的になります。
旦那さんは家事や子育てに仕事を頑張る奥さんに感謝してみてください。
奥さんは家族の為に毎日外へ働きに出る夫を想像してもっと感謝をしてみてください。その思いやりだけでお金に関しての揉め事は減るはずです。

【お互いの友人や親兄弟の問題】

お互いの友人や親兄弟の問題
育ってきた環境は想像よりも大きな問題へ繋がるものです。夫婦喧嘩どころか、離婚の原因にもなる事も。
一番よく聞くのは嫁姑問題。「姑が意地悪」「夫に相談しても姑の味方をする」などありますがやはりお互いの家族の悪口は絶対に口にしてはいけません。
たとえ相手が自分の家族や友人を悪く言い出した場合でも、言い返す為に相手の家族や友人の悪口を言うのはやめましょう。人は誰でも自分の家族を他人に悪く言われることは我慢ならないものですし「親のことをそんな風に思っていたんだ…」と内容によっては夫婦の信頼関係が修復不可能な状態にまでなってしまうことも。
そんな時は一度考えてみて下さい。今のあなたと相手があるのは、周りの両親・友人があってこそです。両親がいなければあなたも相手もいないのですから。育ってきた環境が違えば習慣や考え方が違うのは当たり前。そしてそれはお互い様の事なのです。
一方を責めてばかりでは何の解決にもなりませんしいつまでたっても前進しません。生涯つきまとう問題ですからね、イライラ不満が多いよりも笑って過ごす時間を増やす為に「自分にも原因があったかも」「夫婦喧嘩はお互い様だわ」といった気付きが夫婦円満への第一歩となるのです。

こんな記事も読まれています