キラキラママになるために☆妊娠中にできること【妊娠線】

1,967 views

待ちに待った妊娠。

お腹の中の赤ちゃんに会える日が待ち遠しくて仕方がないことでしょう。

しかし、産後気がついたら地割れの入ったお腹…

そんな悲しいことにならないように、キラキラしたママになるためには妊娠中のケアがとても大切です。

理想のママを思い描きながらしっかりケアをして幸せいっぱいのマタニティライフを過ごしましょう。

今回は「妊娠線のケア」についてご紹介します。



どうして妊娠線ができるの?

妊娠中期から、だいぶお腹が目立ってきて妊婦さんらしい体つきになってきます。
そうなると気になるのが妊娠線。
皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っています。
お腹の表面にある「表皮」はとても伸びやすい性質で、その下にある「真皮」「皮下組織」はややかたい性質です。
妊娠に伴いお腹が大きくなると、「表皮」は伸びますが「真皮」「皮下組織」は大きくなるスピードについていくことができず、ひび割れが生じてしまいます。
そうなると、赤紫色のみみず腫れのような筋ができてしまいます。
これが「妊娠線」です。

お腹だけじゃない?

妊娠線といえば、お腹に出来るものと思われがちですがお腹だけじゃないのです。
妊娠に伴って変化する胸や太もも、お尻にもできてしまうことがあります。
妊娠線はできるとなかなか消えない、目立たなくなるまで十数年かかると言われています。
見えない部分にもしっかり目を光らせケアをしていきましょう。

妊娠線を防ぐために【保湿】

妊娠線を防ぐためのケアには、保湿が欠かせません。
入浴後や乾燥が気になるときにクリームなどを塗りましょう。
今は、専用の妊娠線クリーム
やローションがありますのでぜひ活用しましょう。
伸びがよくたっぷり塗れるのがおすすめです。
馬油やオーガニックオイルなども効果的なようです。
妊娠線クリーム
を塗るときは軽くマッサージをしましょう。
おへそから外側に向かって円を描くように優しく塗りましょう。
お腹が張っているときや痛みがあるときは、決して行わず体調の良いときにこまめに塗りましょう。
もちろん、お腹以外の胸やお尻もしっかり保湿しましょう。

妊娠線を防ぐために【腹帯やガードル】

急激なお腹の皮膚の伸びを防ぐのに欠かせないのが、腹帯やガードルです。
適度にお腹を支えてくれるので安心感もあります。
装着が楽なベルトタイプのものやどんな体系でもしっかり支えてくれる昔ながらのさらしもあります。
お腹の大きさによってサイズを調整できるものであれば、より妊娠線の予防にもつながるでしょう。

妊娠線を防ぐために【体重管理】

妊婦検診でよく注意される、体重管理。
これは、妊娠線のケアにもとても重要なことです。
体重を一気に増やしてしまうとお腹も一気に大きくなってしまいます。
体重の増えがゆっくりであれば、皮膚の伸びも緩やかになるのでひび割れも起こらないのです。

それでも、出来てしまったときには、産後美容皮膚科に相談してみましょう。
自費治療で費用はかかりますが、レーザー治療などで薄くすることができ、目立たなくなるでしょう。

いろんな対策方法がありますが、私はこちらの<a href=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HM584+16WRE+2M7O+ZS5GI” target=”_blank”>妊娠線クリーム</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”http://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2HM584+16WRE+2M7O+ZS5GI” alt=””>で妊娠線がきれいになくなりました。

ぜひお試しください♪

こんな記事も読まれています