あると便利!お役立ちな入院準備5ポイント

2,147 views

予定日が近づいてきて出産準備も大詰め!あれこれと用意するものが多くて大変ですよね。病院からもらったり雑誌についていたりする準備リストのなかに、ちょっと入れておくと便利なものをまとめてみました。赤ちゃんに会えるまでもう少し!楽しみながら準備を進めましょう。



Point.1 手提げ袋&ポーチ

お風呂に行く、売店に行く、授乳室にいく・・・出産後、ベッドから離れる機会は意外とあります。ちょっと出かけたい、そんな時は手提げ袋があると貴重品やすまーどフォンなどなんでも放り込めて便利です。また、病院によっては病室にトイレが設置されておらず、悪露パッド・消毒グッズを持って歩かなくてはいけない場合もあります。ポーチを用意しておけばトイレ用品をまとめてスマートに持っていくことができますよ。ちなみに悪露パッドは意外に大きいので、少し大きめサイズのポーチを用意するとよいでしょう。また、手提げ袋はお風呂に持っていくことを考えてナイロン製のものをオススメします。

Point.2 ペットボトルストロー

陣痛の時や出産の後、ペットボトルから水分を取るのが辛かったという先輩ママたちが結構います。私自身も陣痛真っ最中では蓋を開けるだけの余裕はありませんでした。そこで便利だったのがペットボトルストローです!いろいろなタイプがあって、安いものだと100円均一にもありますが、オススメは市販のストローがセットできるタイプです。ストローを付け替えるので入院中洗い物が出来なくても衛生的に飲み物を飲むことができますし、赤ちゃんがもう少し大きくなってからのお出かけの時も使えますよ。飲み物の種類に合わせて何個か用意してもよいと思います。

Point.3 カーディガン

冷え対策として1枚あると安心です。病院によっては昼夜関係なく授乳時間になると授乳室に行き、赤ちゃんの体重を測ってから授乳、飲んだ量を記録するところもあり、冷えへの対策は万全にしておくことをオススメします。また、パジャマ姿で人に会いたくないときでも1枚羽織れば対応できます。前開きパーカーでもよいですが、ジップの金属部分が赤ちゃんに当たると痕になって痛そうなので完全にあけてから授乳する、抱くときはしっかり閉めるなど気を付けてあげてくださいね。

Point.4 ゴム製サンダル

病院でもらう出産準備リストには高確率で「スリッパ」と記載されていると思います。そこをクロックスのような厚底のゴム製サンダルにするととても便利です!汚れてもさっと洗えて衛生的ですし、なにより滑って転ぶ心配が減ります。慣れない赤ちゃんとの生活なので足元がしっかりしているのは安心しますよ。退院後はベランダで使ったり外にちょっと出るときに使ったりとこれもまた重宝します。爪を引っかけてしまうことが心配な方は靴下と併用されるとよいと思います。

Point.5 レジ袋

汚れ物・出たごみ等々なんでも入れられます。キッチンで使うようなナイロン袋でもよいのですが、どんなトラブルにも対応できるように大きなタイプも何枚か用意しておくと便利です。私の場合、げっぷをうまくさせてあげられなかったせいで赤ちゃんが盛大に吐き戻してしまい、着ていたものをすべて家に持って帰ってもらうことになってしまいました。嵩張るものではないので大目に用意しておいたほうが安心ですよ。

他にも髪をしばるゴム(髪の長い方は必須アイテムです)・ドーナツクッションがあると便利です。病院・産院によって用意してくださるものがまちまちですので、確認をとりながら忘れ物がないように準備を進めてくださいね!

こんな記事も読まれています