我が子に読ませたい!英語絵本ベストセラー5選

3,989 views

小学校では英語の必修化が導入され、ますます英語の必要性が高まっています。親としては、子供が英語に触れる機会を増やし、英語に親しみを持ってもらいたく思いますよね。日本で名作を言われる絵本があるように、海外でも皆に愛される絵本があります。世代を超えて読み継がれる、英語圏の絵本の名作をまとめました。



Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

Bill Martin Jr.(ビル・マーチン)作 1967年出版

「はらぺこあおむし」で日本でもおなじみの、エリック・カールが絵を描いています。

「クマさん、クマさん、なに見てるの?」
「ぼくを見る赤いトリを見ているの。」

色々な色の動物たちが、リズミカルに登場します。

鮮やかに描かれた色彩もこの絵本のみどころ。

子供たちは、テンポよく進むストーリーに、いつの間にか色や動物の英語を覚えて、口ずさんでしまうほど。

日本語訳は、「くまさん、くまさんなにみてるの?」として、出版されています。

CD付の絵本もありますので、お子さまに、ネイティブの英語を聞かせたい方にもおすすめです。

The Going-To-Bed Book

Sandra Boynton(サンドラ・ボイントン)作 1982年出版

サンドラ・ボイントンは、ユーモラスな動物たちの絵を描くことで有名な絵本作家です。

動物たちが、お風呂に入って、パジャマに着替えて、歯を磨いて、体操して…
眠りにつく前の動物たちの様子が、親しみやすく、シンプルな英語で表現されています。

寝る前の読み聞かせに最適な一冊です。

The Very Hungry Caterpillar

Eric Carle(エリック・カール)作 1969年出版

日本でも有名な絵本「はらぺこあおむし」の原書です。

お腹をすかせたあおむしが、月曜日、火曜日、水曜日…と、毎日、色々な食べ物を食べて大きくなり、やがて蝶になるという、仕掛け絵本です。

日本でもベストセラーのこの絵本は、世界中の子供たちに愛されています。

CD付の絵本もありますので、お子さまに、ネイティブの英語を聞かせたい方にもおすすめです。

Goodnight Moon

日本語版は「おやすみなさいおつきさま」として、出版されています。

この絵本は、読んだことのないアメリカ人はいないのでは?というほどの名作です。

日本では、雅子様が幼少期にお気に入りの絵本として読まれたことで、有名になりました。

子ウサギが、部屋中の色々なものに「おやすみなさい」を告げて、眠りにつくというストーリー。読んでいて、ほっこりした、温かい気持ちになる絵本です。

また、絵のコントラストも、この絵本の見どころ。絵本の最初と最後では、部屋の灯りの色合いが異なります。

CD付の絵本もありますので、子供に英語を聞かせたい方にもおすすめします。

Pat the Bunny

Dorothy Kunhard(ドロシー・クンハード)作 1940年出版

しかけ絵本として、世代を超えて愛されている、ロングセラーの絵本。
ファーストブックとして、おすすめです!

うさぎさんには、ふわふわの毛がつき、花には、本当に香りがついていたり、また鏡もあります。
五感を活用して、楽しめる絵本と言えるでしょう。

邦題「ぱたぱたバニー」としても出版されています。

今回ご紹介した本は、どれも日本で購入できる本ばかりです。

また、CD付の絵本もありますので、英語に自信のないママさんや、ネイティブスピーカーの発音を聞かせたいママさんにもピッタリ。

英語の絵本は、誰でも気軽にできる、英語で子育ての第一歩です。ぜひ、お子様に読んであげてみませんか?

こんな記事も読まれています



シェア