マタニティーライフを楽しむ!場面別の服装おすすめ

1,799 views

お腹が大きくなってくると、どうしてもゆったりとしたメリハリのない服やワンピースなどコーデがワンパターンになりがちですが、ちょっぴりお洒落を楽しみませんか? 通勤、お出かけ、部屋着…など場面別で紹介したいと思います。



通勤

妊婦だから…
と、ついついゆったりした服装を着てしまいがちですが、
仕事に行く時ぐらいはチャキっとしてみませんか?
と言うことで、理想のコーデを参考までに。

無地のロンT、Tシャツ+ストレッチスキニーパンツ+α

テーマはガチャガチャせずにシンプルに、です。
パンツはマタニティー用でお腹周りもすっぽり覆って冷やさないようにしましょう。
ストレッチスキニーですので程よく伸びながらもピタッと細身ですのでスタイルも良く見えます。
+αですが、季節によってジャケット、カーデ、シャツなどを1枚羽織りましょう。
余裕がある方は腕まくりをして小慣れ感を出すのもありです!!
しかし、身体のあらゆる「首」を冷やさない方が良いので手首等、冷えに気を付けましょう。
足元は転倒防止、お腹の負担にならないようにフラットシューズで。

お出かけ

続いて、お出かけコーデです。
いつまでも女らしく、ちょっとお洒落に。

アジャスターは、持っているボトムスをマタニティー用にすることが出来る優れもの!!
これを使えばわざわざマタニティー用のボトムスを買わなくて済みます。
その場合、上はチュニックでふんわりさせてアジャスター部分を隠しましょう。

またスカート類はウエストゴムであれば履く位置が調節できますので
苦しくお腹の負担にならないように履くことが出来ます。
フレアスカートやミモレ丈のスカートでお洒落をしてみるのはいかがでしょうか。

検診

検診では時期によって、経膣、腹部エコーがあります。
経膣エコーだけの場合は、ワンピース+タイツ、レギンスで良いかと思います。
腹部エコーの場合ワンピースで行って下からガバッとお腹まで上げるのも良いですが、
抵抗がある方は上下セパレートで行かれることをオススメします。
その場合、脱ぎ着しやすい服装にしましょう。

部屋着

部屋着と言えばどのような服装をイメージされますか?
スウェット?ジャージ?着なくなったヨレヨレの服?
共通するのは“ラク”ですよね。
突然の訪問客にも恥ずかしくない服装を心がけたいものです。
オススメはロングワンピース、ロングスカートです。
お腹が大きくなってきても負担にならずラク、
且つ冬場だとスカートの下にタイツ、レギンスも履けます。
腹帯も気にせず出来るのもポイント。

パジャマ

家の中で着るパジャマは身体の負担にならないようなものであれば何でも良いと思いますが、
入院、産後用には前開きのものが指定されるかと思います。
入院中ですと授乳室で他のママと顔を合わすこともありますし、
大部屋ですと尚更、トイレ、シャワー等で出くわす機会が多いかと思います。
そのことを頭の片隅に入れて購入されると良いかもしれません。

また、帝王切開をされる方は前開きの物でもロングタイプをオススメします。
もちろん、ズボンやレギンスはついていてOK!!
なぜロングタイプをオススメするかと言うと、
術後は麻酔が効いていますし悪露もある為、尿管が外れるまではオムツをします。
ズボンの脱ぎ着なんてやってられません。
ましてズボンのゴムが傷口にあたるのも避けたいところです。
もちろん必ずしもそうではありませんのでご了承ください。

こんな記事も読まれています