おおっ!いい女。結婚が地獄のはじまりだったなんて

3,883 views

結婚て、大好きでその人とずっと一緒にいたくて、相手を愛おしくて

そういうものなのではないでしょうか?

決めつけるわけではありませんが、少なくともそこには「しあわせ」があるはずですよね。あってほしいと思いますが、皆さんのご夫婦はいかがでしょうか



かわいい女性だった。この人の子供が欲しいと思った

結婚するまでは、つくしてくれるかわいい女だった。でも今思うと、何か食べるものをつくってもらったことがなかったなぁ。親からも反対されていた結婚に限って反発したくなるものです。ところが、朝食も、夕食も一緒に食べたことがない。彼女は何をしているかって、テーブルにも来ないで一人でパソコンしたり、うろうろしている。食べないの?しかし昼は、見たこともない、かわいい弁当を自分だけ冷凍食品を詰め合わせて作っている。旦那さんの昼は?ごはんと焼売。そして、かわいい子どもの面倒も見なく上下お揃いの下着なんて買ってあやしくなってきた。

家事・育児をしないダメ嫁だった事を見抜けなかった

家事は一切やらなかった。というより出来なかった。旦那さんの昼のお弁当は焼売が続き、「悪いんだけど毎日の焼売はちょっと」といった次の日から、テーブルには300円のお金が置かれるようになった。いや、いや、まずいでしょ。300円じゃいまどき消費税もあるし何にも買えないよ。とも言えなかった。なぜかというと旦那さんは焼売をミリうたびに吐き気がするようになってしまったからだ。では、夕飯は、家事、せめてなんか作るだろうと思いきや、スーパーのコロッケ1つパックのままテーブルにのっている毎日だ。そりゃたまにいかのひもあるようだけど、そうかわりはない。「せめて皿にのせてキャベツ位添えてくれ」と愚痴っていた。シャンプーは詰め替え用を詰め替えずにそのまま切って使うようだ、しかしブランド品にはまったり借金をしないだけましなのだろうか。夕飯にあぶらあげ1枚置いてあった日もしばらく考えてしまった様子。

あたりまえのイライラの毎日は、旦那さんに降りかかってきた

結婚した当初から、怒りがち、キレ気味の毎日は続いた。というよりそうゆう性格らしい。旦那さんが運転しても道を間違えようものなら、「ど・ち・ら・へ」と怒鳴る。
間違えることだって人間だれでもあると思う。それに、車が渋滞していると、これまたイライラして周囲までも脅かす存在になるらしい。渋滞だって自分だけじゃなくみんながそれにはまってるだけだ。だから、怒っても仕方ないことだと思いませんか?それは、イライラもしますが、怒鳴ったって、始まらない。そして、最近やたらと目を二重にしているらしく、いつの間にかプチ整形していたみたいだ。ネイルも欠かさないし、エステも通っているらしい。でも、どうですか?本当の性格が、こんななのに、外見がよければ男性は許せる?

女性って、外見を飾るのは、そんなに重要な事なんでしょうか?

おしゃれな女性は、男性の目をひきますよね。ふりむかれたりもします。でも、性格と外見が全然違っていること、付き合っている間にみぬけますか?
みぬけませんよね。
その様な部分は、外では見せていないでしょうし、見せていない分のストレスがこうして、家庭に出てくるわけですから。家で家事をしているとき、ネイルをしているの気になりませんか?嫌という男性もいると思うのですが。「爪がわれちゃうからできなーい」になってしまいます。男性が許せる「女性のおしゃれ」ってどこまでなんでしょう。メイクをとったら別人だったら、驚きますよね?

ちょっと待った!浮気の匂いがプンプンしますが。

旦那さんがどんなに仕事で遅くても、奥様家にいないんです。もちろんご飯もありません。いったいどこへ行っているのでしょう。ある日に、「パソコン調子悪いからみて」といわれ、奥さんのチャットを見てしまったようです。
海外に旅行へ連れて行ってもらったみたいです。旦那さんは何にも気が付いていないと思っています。
ある日は、妊娠9か月になる友達と飛行機で出かける、といって出て行ったらしいですが、通常9か月の妊婦は飛行機で旅行はしませんよね。ちょいちょい泊まりがあり、スポーツの審判に行くと言って、夜中にはまだ帰ってきてなかったり、一体どこの体育館で夜中に試合してるんだって話ですよね。本当に不可思議なことが何年も続けているらしいです。もちろんこんな今も、旦那さんは気が付いていないと信じているようですが、気づくでしょう、普通。こんな大変な奥さんをもらうと、「地獄」とかって言われてしまうのも、うんうん、納得。あなたはいかがですか?

こんな記事も読まれています