マンネリ回避!!カップルの長続き術ベスト5

2,268 views

付き合い始めのころはドキドキしていた気持ちも、時間が経つにつれてマンネリしてしまうことも多いもの。
できれば、付き合っている期間をステキな時間にしたいですよね。
二人の最初の頃の気持ちを継続させるポイントをまとめました。



感謝の気持ちを忘れない

誰でも感謝をされるのはうれしいですよね。
「親しき仲にも礼儀あり」とよく聞かれますが、カップルであれば特に必要なんです。

付き合って最初の頃は、毎日がドキドキで目に映るすべての景色が違って見えるもの。
相手がしてくれるどんな小さなことでも感謝できるんですよね。
メールや電話、デートのときに買ってくれるコーヒーなどなど。

でも次第にそれが「当たり前」と感じるようになってきて、一緒にいることに慣れてしまいます。
それが、カップルでいる間に何度か経験する「倦怠期・マンネリ期」です。
長い期間一緒にいてもマンネリ化してしまわないためには、やはり「感謝を伝える」ことが大切です。
思ってはいても伝えられないという人も多いかもしれません。でも、言葉にして伝えないと相手には伝わらないんです。

まずは、どんなことに感謝できるかを考えてみましょう。
「そんなことで!?」と思うことでも感謝できるポイントかもしれませんよ?

例えば、何かを買ってもらった・何かをやってもらったとき。料理を作ってくれたり、ご馳走してくれたとき。
毎日のちょっとしたことでも「ありがとう」と伝えるクセをつけておくといいかもしれませんね。

『当たり前』と感じていることは、実は当たり前じゃないんです。
自分のことを思ってしてくれていることなんですよね。

感謝を伝えるには、やっぱり口で伝えるのが一番です。
直接言われると、ちょっとドキッとしますよね。
マンネリ化した関係が少し改善されるかもしれません。

ありがとうの言葉は、簡単だけどなかなか伝えにくいもの。
それには、恥ずかしさもあれば照れもあったりします。
特に男性の方は言い難いかもしれないですね。

女性は特に、感謝されるととてもうれしくなります。
それだけでその日一日がよいものになるんです。
まずは小さなことへの感謝からはじめてみてはいかがですか?

上級手段として、メッセージカードや手紙を使うと、マンネリ脱却に効果があります。
小さなメッセージカードに毎日の感謝を簡単につづってもいいでしょう。
特別な日には、手紙を書いてもいいかもしれませんね。
一緒にいてくれることへの感謝を伝えるよいチャンスですよ。

今まで、『当たり前』と思っていたことや、『当たり前』だった相手の存在。
それら一つ一つが当たり前なんかじゃなくて、そばにいてくれるだけでも感謝できる存在だって気づけたら
二人で一緒に過ごすときは、とてもステキな時間になりますよ。

相手を信頼する

これは特に女性にとって壁となることかもしれませんね。
付き合い始めてある程度の期間が過ぎてくると、だんだんと最初に抱いていた感情が薄れていってしまうもの。

些細な事がきっかけでスレ違いが生じてしまったり、けんかが多くなったり。
時には、信頼関係さえも揺らいでしまうようなことが起こるかもしれません。
最初の頃は、浮気の心配なんて必要ないと思っていたカップルも、時が過ぎるにつれて「もしかしたら浮気してるかも!?」と疑うようになることがあるかも・・・。
ちょっとした行動から相手の浮気を疑って、それがきっかけで今まで築いてきた関係がガタガタと崩れてしまうことも。

でも、疑いばかりしていると相手の気持はどんどん冷めていってしまいます。
長くお付き合いしたいと思うなら、相手を信頼することがとても大事なんです。

よく聞かれるのが、相手の携帯を盗み見して、結果別れることになったということ。
もし本当に相手が浮気をしていたとしても、携帯を盗み見ることは良いことではありません。

付き合っている期間がながければ、時に相手を疑ってしまうこともあるかもしれません。
休日でも一緒にいる時間が少なくなった・帰りの時間が遅くなった・連絡の頻度が減った
などなど、スレ違いが生じることもありますよね。

疑う要素はたくさん生じるかもしれませんが、浮気をしていないのに「浮気だ!!」と疑われたら、誰だっていい気分はしないですよね。
付き合っている時に大切な感情の一つは「一緒にいて心地良い」と感じること。
疑いの気持ちを持ったままでは、良い関係を継続させるのは難しいでしょう。

どんなにオープンな関係の男女でも、お付き合いをしていくうえではやはりマナーが必要です。
お互いにマナーを守ることで信頼関係も強くなります。

例えば、最初のうちにお互いに守ることを決めておくと良いかもしれません。
相手の携帯は見ない・一緒にいない時間のことまで必要以上に詮索しないなどの
約束をしておくと、相手との関係が崩れそうなときにも常識ある行動ができるでしょう。

大切な人だから信じるにのが難しいと思うこともあるでしょう。
でも、大切な人だからこそ信じることが必要なんです。
相手を信じてこそのお付き合い。それが難しい状況になったとしても相手を信じることができれば
前よりもずっとずっと強い絆で結ばれるようになります。

相手も自分も傷つかずにいられたら、それはとても素晴らしいこと。
だからこそ信頼関係を築くことが必要で、大切なことなんです。

スキンシップを大切に

付き合っている期間が長いと、「マンネリ期」を迎えることが多いですよね。
最初は一緒に過ごす時間が短くても、ドキドキして落ち着かなかったのが一緒にいることに慣れてしまって、「カップル」と言うよりは、「友達以上恋人未満」の関係になってしまっているかもしれません。

自分のまわりにいる仲の良いカップル・ご夫婦をちょっと観察してみてください。
何か気づくことはありませんか??

実は、良い関係を続けていくためには、『スキンシップ』がとても大切な役割を担っているんです。
スキンシップと聞くとどんなイメージがあるでしょうか。
手をつなぐ、肩を抱く、キスをするなどたくさん思い浮かぶかもしれませんね。
ここで重要なのは、適度なスキンシップなんです。

例えば、一緒に買物をしている時に手をつなぐのが当たり前のことになっているかもしれません。
それはとても良いことです。相手に対して特別な感情があるからこそできることですよね。
では、たまに腕を組んでみるのはどうでしょうか。
いつもと違うスキンシップの仕方だと、気持ちも上がりますよね。

中にはスキンシップが苦手という人もいるでしょう。
難しく考える必要はまったくありません。
スキンシップは愛情表現の一つ。毎日毎日ベタベタなスキンシップというよりは
軽いスキンシップを大切にすると、相手にも自分にも負担が少なくなるでしょう。

また、TPOをわきまえることもとても大切です。
好きな人と一緒にいると、気持ちが高揚して周りが見えなくなるということもあるかもしれません。
でも、いつでもどこでも相手とくっついていればいいというわけではありません。
時や場所・タイミングなどをきちんと考えたスキンシップだからこそ上手な愛情表現になるのです。

恥ずかしいという気持ちが先行して、なかなかうまくいかない時は焦らず、ゆっくりと。今の関係を保つようにしてみて。
お互いに対して「好き」という気持ちや「大切」という気持ちが芽生えれば自然と上手なスキンシップがとれるようになります。

会話のある熟年夫婦は、相手が隣にいることが当たり前になっていますが、それでも良好な関係です。
そこには適度な距離感でのスキンシップがあるから。
周りから見てもそれは微笑ましい・羨ましい関係です。くっつきすぎず、離れすぎず。

相手を大事に、そして大切に思うからこそ溢れ出る気持ち。それをスキンシップに上手に乗せて相手に伝えてみて。

共通の趣味を持つ

恋愛をマンネリ化させないためには、相手と共通の趣味を持つことがオススメ。
恋人と一緒にいる時間にどんなことをするか、どういう会話をするかによって、一緒にいる時間が楽しくなるかどうかが変わってきます。

恋人になると自然と一緒にいる時間が増えるもの。楽しく心地よい幸せな時間にしたいですよね。
一緒にいる時間が少しでも楽しくないと感じてしまえば、それはマンネリ化への一歩につながってしまうことも。
二人で共有できることがあれば、お互い一緒に過ごす時間を二人の絆がよりいっそう強められるきっかけになります。

付き合ったきっかけが、お互いに同じ趣味を持っていたというカップルは少なくないです。
同じ趣味を持っていると、行きたい場所ややりたいことなど、二人とも一緒ということが増えます。
実は、恋愛を長続きさせるには「二人で何かを一緒にする」ということが大事なんです。

付き合ってから相手の趣味を知り、自分もそれをやってみたというカップルもいます。
また、相手の好きな話題について少し勉強するようになったというカップルも。

どちらも、二人で共通の趣味・二人で共通の話題があるから、一緒にいる時間がとても楽しいものになります。
「この人と一緒にいると楽しい」という気持ちは、恋愛を長続きさせるためにとても大切な感情です。
一緒にいて楽しいと思えなければ、二人の関係は次第にマンネリ化してしまいます。
マンネリ化にならないためにも、マンネリ化から脱却するためにも、二人で楽しい時間を作ることが大事なんです。

二人でできる趣味といわれてもピンとこないかもしれませんね。
趣味といわれると、一人でできるもの・一人で没頭するものが思い浮かぶかもしれません。

女性が好む趣味と男性が好む趣味には、大きな開きがあるかもしれません。
女性はインドア趣味で、男性はアウトドア趣味というカップルは、二人の趣味が重なることが少ないでしょう。
必ずしも、すべてのカップルが共通の趣味を持てるわけではないのも事実です。
そうしたときには、どちらかが歩み寄ることも大事ですが、二人で共通の趣味を探してみることができます。

二人でできるものには何があるかを、一緒に考えることもとても大切な時間です。
料理やスポーツ、ゲームもいいですね。
達成感を感じられるものは、二人で過ごす時間をより有意義なものにしてくれます。
感情を共有するということが、二人の絆を強めるのに大きな役割を担っているんですね。

同じ趣味を持っていれば、二人で過ごす時間もより楽しいものになりますね。

一人の時間を尊重し、満喫する

カップルであっても、お互いに一人の時間は必要です。
学生であっても、社会人であっても、休みの日はずっと二人で一緒というわけにも行きませんよね。
恋愛期間を長続きさせるためにとても大切なことは、相手の一人の時間を尊重することです。
そして、自分の一人の時間を思いっきり満喫すること。

付き合い始めのころは、休みの人はいつも一緒にいたい!!と思うものです。
好きな人と一緒にいる時間がとても楽しくて幸せで、できれば長く一緒にいたいと思いますよね。
でも、お互いにその気持ちがずっと続くわけではないこともあります。

関係をマンネリ化させてしまう原因の一つに、一人の時間が持てていないということもあるようです。
ずっと一緒にいると窮屈に感じるカップルが多いみたいですね。

二人の関係を長続きさせる・よりよいものにするためには、男性も女性も『自分だけの時間を満喫する』
ことが鍵になります。
さらに、『相手の一人の時間を尊重する』ことも大事な要素です。

二人でいるときにはなかなかできないこともたくさんありますよね。
ゆっくり読書をしたいときや、一人でリフレッシュしたいときは誰にでもあります。
毎回の休みのときにずっと二人で一緒にいると、息が詰まってしまうかも。
特に男性のほうはそう感じやすいようです。

女性であれば、「できれば長く一緒にいたい」「多くのことを二人で共有したい」と思うかもしれません。
しかしその点、男性は結構シビアな意見を持っているよう。
「束縛してほしくない」「たまに会うのがいい」と考える人も多いようです。

女性と男性の間では意識の違いが生じるのは仕方がないことです。
それを無理にあわせようとすると、束縛と感じるようになったり、意見の相違が増えてけんかになってしまったりと
残念な結果になることも。
そうしたことを避けるために、お互いに一人の時間をしっかりと満喫することが大切なんです。

趣味の時間に当てるのもよいですし、お出かけするのもよし。
友達を会うのもいいですね♪
恋人ができると友達を後回しにしてしまいがちですが、実はそれはNG。
恋人が大事!というのは当たり前ですが、友達もとても大事な存在ですよね。
自分の友達が大事であれば、相手にも大事な友達がいる。
恋人との関係をよいものにしたいのであれば、自分の友達も、そして相手の友達も大切にすることが重要です。

もし二人の関係がマンネリ化しているなと感じたときは、
お互いに一人の時間を取ってみるとよいかもしれないですね。

こんな記事も読まれています



シェア