簡単にできて男性からこのコなら結婚できると思われるメニュー

1,230 views

男心は胃袋でつかめ。

結婚ハウツー本などでよく聞く言葉ですね。

でも、男性の胃袋をつかむ料理ってどんな料理かわかりませんよね。

それは実は特別な料理ではなく毎日帰ってきたくなるような「家庭的な料理」だったりします。

今回は簡単に作れて男性からこのコなら結婚できると思われるメニューを紹介します。



男心は胃袋でつかめ

男心は胃袋でつかめ。
結婚ハウツー本などでよく聞く言葉ですね。
実はこれは結構本当で結婚を決めた理由に料理がおいしかったからというのを上げる男性は少なくありません。
そしてこれを信じて世の女性たちは料理教室に通うわけです。
しかし、実は男性は「特別な料理」よりも毎日帰ってきたくなるような「家庭的な料理」を求めています。
きちんと材料をそろえて作るものよりもその場にあるものでパッと何かを作れるところに魅力を感じるのです。
そこで今回は簡単そうに見えて男性からこのコなら結婚できると思われるメニューを紹介します。

切って混ぜるだけ

切って混ぜるだけの料理でもスーパーに売っているちょっとだけおしゃれな材料を使うととたんに「料理ができる女性」に早変わりします。
一つめはトマトとモツァレラチーズのカプレーゼ。イタリアンレストランの前菜によく出て来ますが、まさに切って並べるだけ。
「モツァレラ」という響きがオシャレなイメージです。
二つ目はアボカドとカニかまのマヨネーズ和え。
マグロとあえる料理はよくありますが、こちらは苦手な人も多いです。
マグロをカニかまにすることで男性好みの味に仕上がります。

調味料一つで深い味わい

調味料で一番おすすめなのが塩麹です。
つけておくだけでお肉を柔らかくしてくれ、何とも味わい深い塩味を足してくれます。
この塩味を使ったちょっと個性的なメニューが塩麹チキンピカタです。
大さじ一杯程度の塩麹につけておいた鶏肉に小麦粉と卵を辛め、表面に焼き色をつけた後蒸し焼きにします。
ガッツリ系の男性なら誰もが大好きなほどよい塩味に仕上がります。
ただ焼くだけでなく、小麦粉と卵をからめるあたりが「料理をし慣れてる感」を演出してくれます。

味噌汁とコンソメスープは万能メニュー

君の味噌汁が一生飲みたい。
古い映画のようなセリフですが、この言葉はあながち間違ってはいません。
味噌汁はにんじん、玉ねぎ、じゃがいも、大根、豚肉などどんな具でも切って煮て、お味噌を溶けば美味しく仕上げてくれる万能メニューなのです。
野菜を多く入れれば健康を考えてる印象も与えられますね。
お味噌の味付けの前にだしをしっかりとるのがおいしく作るポイントです。
一方、洋食の万能スープはコンソメスープです。
味噌汁とほぼ同じ具材で味付けを塩コショウとコンソメに変えるだけで洋風の味に変化させてくれます。

近くのスーパーでそろうもので作って

いかがでしたか?
実はここで紹介したメニューに共通して言えることがあります。
それはそれほど高くなくて近くのスーパーで売っている食材を使うことです。
家の近くで売っている材料でパパッとおいしい料理を作ることが重要です。
あなたも、身近な材料で作れる料理美人を目指してみてはいかがですか?

こんな記事も読まれています