離乳食が始まる5か月から使えるベビーフード。

3,435 views

子供がミルクや母乳だけで育つ時期を過ぎて気になるのは離乳食。完全手作りにこだわるのも素晴らしい!でも今はとてもいいベビーフードがたくさんあります。手作りの物も使いつつ、ベビーフードも活用して少し楽をしたり、子供に色んな味を楽しんでもらうのもいいのではないのでしょうか?



生後5か月から使えるベビーフード。

離乳食が始まる生後5~6か月。お母さんはまだまだ育児になれない時期。それなのにまた新しいことが始まる!
大変ですよね!?
忙しい、時間がない、今日は余裕がないな、、と思った時にベビーフードのお世話になりませんか!?

まずはおかゆから。

和光堂 コシヒカリの米がゆ(内容量5g×10包) 
お湯でとくタイプ。月例に合わせてお湯の量を変えるだけでいいので簡単。一回分だけを使えるので衛生的。
自分でおかゆを作ると均一になりにくいのでちょっとした硬さの違いで赤ちゃんが食べにくいこともあります。ですがベビーフードはいつ作っても同じもの、食べ具合に合わせてお湯の量を調節しておかゆの固さを変えられるので便利です。

次はお野菜。

和光堂 裏ごしほうれんそう (内容量2.1g)
調理後すぐに急速冷凍、真空、低温乾燥してあるフリーズドライなので栄養価がしっかり保てています。
お湯で戻すだけですぐ食べられる。3つのキューブに分かれているので離乳食開始したばかりの時は一つずつ使って味に慣れるれんしゅうをしたり、食べる量が増えてきたら、他の素材と混ぜて使うのもアリですね。

準備に手間がかかる魚も!

和光堂 裏ごしおさかな (内容量2.6g)
魚の裏ごしは、皮を取って、骨を抜いて、茹でて、ほぐして、裏ごしして、、とかなり手間がかかります。
しかも手間をかけても初めは小さじ一杯からだし一日一回食なのですぐには使いきれない。それならば食べる時に食べる分だけ使えるベビーフードはかなり便利!

食感があるものがまだ苦手なら。

和光堂 スープ3種パック(内容量2.3×3包 3.6×3包 4.5×2包)
スープで離乳食の味に慣れていくのもいいのではないのでしょうか?
お母さんも味見してみて、どれくらいの味の濃さなのかを確認してみるのもいいと思います。
便利で栄養の事も考えられたベビーフードがたくさんあるのでどんどん活用させてもらいましょう♪

こんな記事も読まれています