2人だけ?親族だけ?結婚式はたくさん招待した方がいい理由

4,812 views

女の子の憧れ。ウエディングドレス。

大好きな彼にプロポーズもされて、さぁいざ結婚式!

と、雑誌を購入してみて初めて気づく。

「結婚式ってこんなに高いの?!」

貯金もないし無理だ、とあきらめてしまう前に、少し考えてみましょう。



たった1日のために300万円??

こんなにするの???というくらいのお金がかかる結婚式。

1人招待すると、

お食事代が1万円超え
飲み物代が3千円~5千円
お土産の引出物が3千円~5千円

せっかくもらったご祝儀がほとんど残らないじゃない?!
と、気づく方も多いはず。

さらに、結婚式場を見学し始めると、でてくる見積もり料金には、
これ以外にも「ナフキン代」「コーディネート料」など、
そんなものまでお金がかかるの??

と、結婚式に夢も希望も無くなってしまいそうになります。

そこで、仕方ないから親族だけの少人数でしようか・・
海外で2人だけでしちゃおうか・・

と、結婚式をあきらめてしまう方も多いと思いますが、
1つ言えるのは、結婚式はたくさん招待した方がお得なのです。

結婚式にかかるもの・・

例えば、当日着る花嫁のウエディングドレス。
幅広くありますが、着たいな、と思えるドレスの相場は
1着20万円~40万円程度のものが多いです。

そして、新郎が着るタキシード。
安いものなら2万円程度のものもありますが、
こちらもやはり、かっこいいな、と思えるラインなどをみていくと、
相場は7~15万円程度。

そして、挙式代。
キリスト教式、人前式、神前式・・と、様々なスタイルがありますが、
キリスト教式は、牧師先生に司会をしていただき、讃美歌を歌う方たち、
演奏する方たちも必要になるため、ほかの式より比較的高く、
式場によっては、15万円~25万円など、値段設定はそれぞれです。

当日来てくださったお客様に愛を誓う、というスタイルの人前式では、
司会者は披露宴と同じ司会者が続けて行うことが多いため、特別な料金も発生せず、
讃美歌の方たちも入れないことが多いため、キリスト教式よりは比較的リーズナブルですが、5万円安い程度のところが多いです。

ご祝儀をうまく活用する

やっぱり高いですよね。

ですが、結婚式には強い味方、「ご祝儀」というお祝いをいただく風習があります。

お二人と招待客との関係性にもよりますが、
ご祝儀の相場はだいたい3万円~とされています。
もし、お二人が貯金なしで結婚式をするとしましょう。

ドレス、タキシード、結婚式代。
この3つが最低限必要なものとして、50万円かかるとして考えます。

そして、親族だけ、10人招待したとします。
50万円の結婚式を10人からいただくお祝いで賄うことになります。

親族なので、ご祝儀は多めかもしれませんが、夫婦で来られることも多く、
夫婦の場合は2人で1つのご祝儀になるため、10人で50万円。
賄えるのかちょっと不安なところです。

同じドレスを着るならたくさんの人に見てもらえる方がお得

そこで。
次は、同じドレス、同じタキシード、同じ結婚式をしたとして、
100人招待したとしましょう。
50万円の結婚式を100人のお祝いで作ることができるのです。

もちろん、披露宴の料理、飲み物などを考えると、人数に比例して、
総合金額も高くはなりますが、
ドレスなどの最低限必要な結婚式部分は、人数を減らしても減ることはありません。

30万円のドレスを10人のために着るか、
30万円のドレスを100人に着せてもらうか。
実際、たくさんの友人、知人を招待したおかげで黒字の結婚式になった
という実例もたくさんあります。

あきらめる前に、まずは式場で相談してみましょう

もし、友人知人で招待したい人がたくさんいるのに・・
貯金がなくて・・という方は、ぜひ一度、結婚式場に行ってみましょう。

そして、親族だけを招待したパターンと、
招待したい人をもりだくさんにした大人数結婚式パターンの
2通りの見積もりを出してもらいましょう。

額面的には、人数に比例して大きくなりますが、「ご祝儀」という強い味方によって、
もしかすると、少しの貯金でも大丈夫かも?!と思えるかもしれません。

ただ、100人全員がきちんとご祝儀を包んでくれる、とも限りませんので、
招待客の顔ぶれ、日ごろの付き合いの程度もよく考えて計算することも大事です。

こんな記事も読まれています



シェア