男性が女性にして欲しくないこととは?ベスト4と番外編

2,071 views

つきあっていくと、やはりどうしてもお互いなれあいといいますか
素の部分が出てきてしまうものだろうと思いますが、
男性が女性に対して「1000年の恋もさめる」そんなケースが
いくつかあるようです。そこで今回は彼氏が彼女にして欲しくないことを
探ってみました。


デート中に携帯やスマホのチェック

せっかくの2人きりの時間なのですから、携帯・スマホのチェックは最低限にしましょう。

メールを返信する用事などもときには出てくるかもしれませんが、目の前にいる彼氏をまず第一に考えてくださいね。

オレと一緒なのに..とほっておかれるような気持ちでさびしくなってしまう男性も多いようですよ。

最初は寛容な彼氏でもそういったことが度重なると堪忍袋の緒がきれるといったことも出てくるかもしれません。

おごってもらって当然の態度をとる

彼氏に食事をおごってもらうということもよくあるのではないかと思いますが、そこで「それが当然」という態度をとるのはいかがなものでしょうか?

たまには私がごちそうするわ、とかあるいは半分出すと申し出てみるとか、もちろん「ありがとう」「ごちそうさま」の言葉は欠かせないですよね。

感謝の気持ちはいつも伝えるようにしましょう。

昔の話を持ち出してくる

たとえば、2人がケンカをしたとしましょう。そんな時に「あなたはあの時は○○だった」とか以前の話を蒸し返すのもよろしくないようですよ。

「昔は昔で、今は今だ!」関係ないと思う男性が多いようですね。

また昔の彼氏の話をもちだす女性もいるようですが、それもまだ未練があるようで、決してよろこばれることではありませんよね。

ケンカをするとだまりこむ・話し合わない

ケンカになると、いつまでたっても一方通行のようなかんじがして、相手をシャットダウンして自分の殻に閉じこもる、これもやってはいけないことです。

どんなときも相手と向き合う、話し合う姿勢をみせることが大切です。

話し合いを重ねることで、より相手への理解が深まって、2人の絆が深まることだってあるかもしれません。

そのほか番外編

そのほかの意見としてはこんなものがありますよ。

「ショッピングセンターなど買い物に連れまわされる、でも結局何も買わない。つきあったこの時間はなんなんだ!」確かに同行する人にとっては不毛な時間になってしまうかも。注意しましょう。

「電車の中で化粧をはじめる」これはもう一般常識としてすでにNGかと思いますが、一緒にいる彼氏にしてみたらかなり恥ずかしいと思います。

「友達づきあいや趣味のことに対して文句を言ってくる」彼氏の友人関係やハマっている趣味について口を出してくる、というのは自分を否定されているようで、嫌う男性が多いようです。これは女性だって同じことだと思いますが、気をつけましょうね。

こんな記事も読まれています



シェア