ベビーフードを活用しよう!意外と使えるアレンジレシピ

15,782 views

対象月齢を過ぎてしまったベビーフードが残っていませんか?

ステップアップしてしまうと、そのまま出しても嫌がる子もいますよね?

そんな時は手作り離乳食に加えてアレンジしてみましょう。ちょっと加えるだけで簡単に美味しくできるレシピを紹介します。



ペーストタイプ

ペーストタイプの物はとろみが多くついているので、出汁やミルクでのばせばスープ・ソースになります。
また、パンケーキや蒸しパンなどの生地に少量混ぜ込んで風味付けにも使えます。

QPの瓶詰ペーストなら『りんご』や『かぼちゃとさつまいも』は蒸しパンやパンケーキにとっても合い、おやつ代わりにもなります。『緑の野菜とさつまいも』を生地に練りこんで角切りにした野菜を一緒に入れて焼けば、簡単に朝食代わりの1品にも。
『裏ごしコーン』はミルクでのばせば簡単にコーンスープになりますね。
『鶏レバーと野菜ペースト』は少量のお湯でのばしお肉や柔らかく煮たお野菜にかけるソースにピッタリです。

具の入っているもの

普段は1品として食べさせるおかずをお粥やうどんなどに混ぜればおじや・リゾット・五目うどんに。
味付けのあまりされていない角切り野菜はマッシュポテトに混ぜればポテトサラダに。
こちらもパン生地などに混ぜ込めば、惣菜パンが作れます。
味のついているものを少量混ぜ込んで肉団子なんかも作れます。

お米の入ったものは焼けばドリアに、出汁やミルクで伸ばせばおじや・リゾットになり、パスタの物ならチーズを乗せて焼けばグラタンに出来ます。

粉末タイプ

粉末タイプの物は手軽に使えて重宝しますよね。
初期の頃にはそのままお湯でのばして使用しますが、お粥やうどん、パスタに混ぜたり、スープに加えたりというのはもちろん、こちらもパン生地などに練りこんで使えます。
他のお野菜やお肉・お魚と一緒に煮込んで煮物にも活用できますね。

デザート

デザートは、簡単にプレーンヨーグルトに混ぜても、ヨーグルトの酸味が消され程よい甘さになります。
またジャムのようにとろみのあるものやペースト状のものは、クリームチーズと合わせてパンに塗ってもとても美味しいです。もちろん、生地に練りこんでパンケーキや蒸しパンにしても甘みが増して美味しいおやつが出来上がります。

粉ミルク

夜の1回だけミルクにしているご家庭や離乳食が進み、あまりたくさん飲まなくなってくると粉ミルクの消費がおそくなりますよね。そんな余っている粉ミルクやまだ牛乳が使えない月齢のお子さんにはお料理やおやつ作りにも使いましょう。
パンケーキやおやきを焼く際の水分として溶いたミルクを混ぜ込んだり、スープを作るのに少量混ぜたり、もちろんパン粥にも使えますね。
お野菜やお肉・お魚を煮込む際に入れてもミルク煮になって美味しいです。

外出時や忙しい時だけでなく、普段の離乳食作りにもプラスして、普段より少し豪華な離乳食も作れます。是非、活用してみてください。

こんな記事も読まれています