意地を張ってるだけ⁈いやいや、こんなに幸せな独身貴族。

2,349 views

そもそも〝独身貴族〟ってなに?

〝独身貴族〟とはキャリアウーマンでお金や時間に余裕がある贅沢な独身者だけとは限りません。

実家暮らしなのに家には1円も入れずに稼いだお給料は全て自分の為に投資してしまう人や、ごくごく普通の一人暮らしをしている人、離婚をして新たに独身に戻った人など独身の方達に対して使われているようです。

まだまだ独身でいた〜い!人から
もう結婚はこりごり〜!な人まで
「独身貴族って幸せ〜!」
瞬間ベスト5をまとめてみました。



【5位】離婚した友達をみたとき

これぞまさに本音⁈でしょうか。
独身貴族の方達はちょっと最低な瞬間に幸せを感じているようです。

・友達が専業主婦になって家に閉じこもってた時に独身の方が幸せだと思った。
・結婚生活が全く幸せそうにみえなかった。
・離婚て体力使いそう。
・お金のことで揉めるのが一番面倒臭い。

「うちの旦那がね……」
な〜んて独身貴族の方に相談したら
「スッカリ老けこんじゃって、本当に同い年⁈結婚早まらなくて良かったわ〜!」
と実は心の中で笑われているのかもしれません。
こんな友達とは離婚と同時に友達の縁も切る事をオススメします。笑

【4位】精神的に平和でいられる

こちらもベスト5と似たような意見です。

・家に帰ってまでブツブツ妻に言われるのはもうたくさん。
・自分以外の事で悩んだり怒ったりするのが面倒臭い。
・幸せが増えても心配事が増えるなら意味がない。
・相手の機嫌を伺ったりするのに疲れる。

相手がいる=他人と一緒にいるわけです。育ってきた環境が違えば、考え方や生活のリズムなど全てが違うもの。
好きだからこそ感情のバロメーターが上がったり下がったりと心が不安定になる事も。
独身貴族の場合、自分の事だけに感情を働かせればよいので、ある程度コントロールがしやすいのでしょう。
そんな面倒臭い感情さえ楽しいと思える時もあるのですけどね。

【3位】約束や時間に拘束されない

これには思わず納得してしまいます。
昔の事ですが、束縛マンの彼とお付き合いをしていた時、私にはプライベートというものがいっさいありませんでした。別れた後は反動で遊び歩いていたのを覚えています。笑

・平日は仕事、休みの日は妻と子供で自分の時間がなかった。
・休みを相手の都合に合わせないといけない。
・友達といる時にメールや電話をしてこられると迷惑。
・一から十まで説明しないといけないのが面倒臭い。

相手がいると、どうしても自分の時間は減ってしまうものです。「アレもやりたいし、コレもやりたい!」と思っていても彼や家族との予定が入ったり「アレはダメ、コレもダメ!」なんて束縛されて自由に動けない事も。
独身貴族の場合、時間=自分時間。
「朝まで飲み明かしても誰からも文句言われないわ〜!」
などと時間も気にせず自由に好きな事をしていられる時って幸せなんですよね〜。

【2位】全てを自分に投資できる

時間・お金・精神…全ては将来の自分の為に。
この言葉……結婚している私からすると本当に羨ましい限りです。

・エステと美容院は自分磨きの為に欠かせない。
・2時間は湯船に浸かりながら本を読む。
・将来の為に、貯めたお金で都内にマンションを買った。
・恋愛を自由(たくさん)にできる。恋愛も将来の投資のうち。

たくさん恋をして、確かな愛を確実にGETする為には自分磨きは欠かせないのかもしれません。

【1位】お給料=お小遣い

やっぱり1位はコレに尽きます。
「自分のものは自分のもの」
結婚してしまうとこうはいきませんものね。

・お小遣い3万円だった頃はやめていた趣味のゴルフを復活した。
・一生懸命働いて年に3回は海外旅行へ行く。
・ご褒美にブランド物のバッグを買える。
・使うだけ使って残りは貯金。給料日前に困った経験がない。

まだまだ結婚したくない!独身貴族も
もう結婚はこりごり!な独身貴族も
自分の為に自由にお金と時間を使えることに「幸せ」を感じているようです。
一生一度の人生ですから
誰でも「幸せ」をたくさん感じて過ごしていきたいものですね。

こんな記事も読まれています



シェア