彼と倦怠期、マンネリ・・・そんな期間の過ごし方♪

2,074 views



旅行をしてみる

隣の県でも、隣の市でも、距離は短くても旅行をしてみようと提案してみましょう。
その日までに、二人で仕事の都合をつける必要があったり、やることが、一気に増えます。
お任せと、言われる事もありますが、車がいいのか、電車がいいのか、飛行機がいいのか、船がいいのか。
移動手段くらいは、聞いておいたほうが良いでしょう。
話合うことで、彼とコミュニケーションが取れますし、好みもわかります。
どんな料理が食べたいか、金額はどのくらいか、二人で何を見に行くのか、それはどんな歴史があるのか、どんなアトラクションがあるのか等、調べて旅行の日程を想像して相談するのもいいです。
その日に向けて、体調を整えたり、着る服やカバンを準備したりします。
普段とは違ったファッションをすると、彼も、喜びます。
ただ、計画内容どおりに、旅行がすすむ事は珍しいと思うので、発生したトラブルも楽しむ余裕を持って望んだほうが良いでしょう。
旅行先でケンカしても、逆にそれは記憶に残りやすいので、いい思い出になります。

カレンダーのイベントを盛り上げてみる

誕生日、バレンタインデー、エイプリルフール、GW、海の日、ハロウィンパーティー、大晦日・・・。
数々ある、1年のイベントに力を入れてみましょう。
彼へプレゼントを選んでみて、それに手書きで手紙やメッセージを添えると、特別感が出ます。
その日は、簡単でいいので1品でも、手作りの料理を作ってみます。
男性は、女性の手作りの料理がとても嬉しいものです。
美味しいとか、嬉しいなど彼が言ってくれたら、感謝を伝えましょう。
彼女が少し照れて感謝を伝えると、彼は可愛いと思ってくれます。
彼が、何も言わない場合もありますが、照れているだけなので、責めないようにしましょう。
気になるなら「美味しい?」「気に入った?」などは聞いてもいいかも。
次は思わずリアクションさせてやるぞ。と考えると自分の気持ちを少し落ち着かせることができます。

同じ趣味に没頭してみる

彼が、写真好きなら、一緒に撮影へ出かけるなど、同じ趣味を共有してみましょう。
一緒に、英会話を習い始めたり新しく趣味を作ってもいいと思います。
週に一回、図書館へ行って見たりして、お互いが、どんなものごとに興味があるのか話し合ってもいいと思います。
バイク好き、家電好き、アニメ好きなど、女性には比較的分かりにくい趣味もありますが、話くらいは聞いて情報は共有しておくと良いでしょう。
誰でも、自分の好きなものを理解してくれたら、喜ぶものです。

一緒にスポーツしてみる

バトミントンや、テニスならば女性は比較的、抵抗がないかもしれません。
彼と一緒にラリーをしてみましょう。
100均などで売っている、フワフワした柔らかいボールでキャッチボールをするのも良いと思います。
バッティングセンターは、道具を必要としないので、簡単に二人で楽しめます。
フリスビーもオススメです。
自転車で、サイクリングをしてみるのも二人で楽しく時間を共有できていいと思います。
スポーツが苦手なら、二人で観戦するのもいいです。
スポーツのルールや、選手の名前、応援歌などを覚えれば二人で楽しめます。
直接会場へ行ったりすると、また違う雰囲気を楽しめます。

自分がマンネリ感をなぜ感じるのか考えてみる

マンネリ感は、なぜ感じてしまうのでしょうか。
彼が忙しくて、かまってもらえないからでしょうか。
かまってもらえないと、自分は、どう思うのでしょうか。
マンネリは安定した状態です。
そこから、彼との次の関係を作れる状態へ、たどり着いたという合図です。
彼をどう感じているのか、自分の気持ちを立ち止まって、考えてみると、次の行動が思わず起こせるようになります。
ノートに気持ちを書き出してみて、客観的に見てみるのも効果的です。

長く彼と過ごしてきて、同じ日々が続くようになり、マンネリ気味。。。

そんな状態は誰にでも、あります。

そんな時に試してみると、新しい気持ちになれる過ごし方を紹介します。

こんな記事も読まれています



シェア