結婚をしたら身体の事を真剣に考えましょう。 あなた一人の身体ではないですよ!

1,274 views

結婚したら新居へのお引越し、結婚式、新婚旅行と色々忙しいですが、一段落したら2人の身体の事をきちんと考えておきましょう。

「まだ若いから大丈夫」ではなく、日頃から病気にならないために生活を見直したり、いざ怪我や病気で入院することになっても慌てないように準備しておきたいものです。


健康に対する意識を持つ

元気な時は、夜更かしや暴飲暴食しても「大丈夫!」と無理しがちですが、無理を続けているとある時に大きな病気としてツケが回ってくるかもしれません。
病気をしないためには、元気な時から健康を意識して生活することが大切です。

食事に気をつける

健康の基本になるのは、「食」ですね。
「バランス良く食べましょう!」というのは簡単ですが、実行するとなるとなかなか大変ですよね。

そこで、自分なりの守れる範囲のルールを決めておくのはどうでしょう!?
「今日は少し食べ過ぎたから、明日は控えめにしよう!」とか
「昨日は飲み過ぎたから、今日は休肝日にしよう!」など
メリハリをつけて不摂生がだらだらと続かないようにするだけでも、身体の負担を軽くする事ができます。
ガチガチに食事制限しても長続きしませんし、ストレスでドカ食いしてしまうなんてことになりかねません。
身体のことを考えながら、美味しく食事を楽しみましょう。

運動をする

仕事が忙しいと、なかなか運動する時間がありませんね。
「運動」に関しては、先に記した「健康に対する意識」をしっかり持っていないと難しい問題かもしれません。
「運動」のために早起きしないといけない時に、「今日はやめよう」「今日もやめておこう」と自分に甘えが出てしまってなかなか続かないこともあるでしょう。

まずは、エレベーターを使うところを階段にしたり、買い物に出かけた時に少し長めに歩いたり、少しずつ身体を慣らすところから始めてみましょう。

お金がかからず、気軽に始められる運動としては「ウォーキング」がおすすめです。
天候に左右されることはありますが、毎日ではなくても1日30分、週4〜5日程度を2,3ヶ月続けることで、身体の変化を感じることが出来ます。

健康診断を受ける

会社に勤めている方ならば、会社から健康診断を受けるように指示されるので心配ないですが、そうでない方はなかなか健康診断を先延ばしにしてしまっているのではないでしょうか?
特に症状がないと病院に行くのは面倒ですが、「痛くなってから」「不調が出てから」病院に行ったのでは後悔することになります。
定期的に検査をして、自分の健康状態をチェックしておくことが大切です。

最低限の保険には入っておきましょう

食事に気をつけて運動していても、何かの病気になり通院、入院することもあるでしょう。
万が一に備えて、「保険」に加入しておくことが大切です。
年齢が上がるほど保険料は高くなりますし、持病で保険に加入できないこともありますので、健康で若いうちに最低限の保険に加入しておきましょう。

こんな記事も読まれています



シェア