1%でも近く彼の理想の女性になるには?!

1,384 views

彼が自慢したくなるような理想の女性になりたい、そんなふうにはどうしたらいい?
男性の心理から探ってみよう~彼の周りの友達にも素敵な彼女だと、思われちゃうかも。
彼からも、付き合って良かった。と感じてもらえる彼女になろう♪

男性が好みやすい理想の容姿

男性が好みやすい外見には、いくつか特徴があるようです。
まず、幼く又は若く見えること。
本能的に、若い人に健康な子供を生み育てる能力があると、感じ取って引かれるようです。
次に、いわゆる多少地味な外見、丸顔に一重や奥二重、主張のない鼻、おちょぼ口、凸凹ないあっさりした顔立ちなど。
この外見だと、自分だけが独占できる、征服することができると、本能的に考えるそうです。
そして、笑顔でいる等の、可愛らしさがあると自分の力で、か弱い女性を保護してあげたいと感じ取るそうです。
理想の髪型は、一番色気もあり、可愛らしさもあり、女性らしさもある黒髪のロングだそうです。
綾瀬はるかさん、新垣結衣さんなどは、男性の理想に近い容姿のようです。
また、髪の毛のダメージ具合や、唇ががさがさでないか、服のほつれやシワ、ヒールの汚れや欠け等も気にかけています。
少し細かい身だしなみに気をつけてることも、好感を持つようです。

容姿より中身はもっと重要

容姿も大切ですが、一番必要だと感じているのは、気持ちだそうです。
男性は基本的にプライドが高いので、職業、年収、学歴、身長などで品定めをするような女性は、嫌悪してしまうそうです。
彼が疲れている時に、笑顔で癒してあげれるような余裕があると、彼も尽くしてあげたいと、感じてしまうようです。
それか、常にしゃべっているやかましいタイプ、常に悲観的で泣き虫なタイプなどの、かまってちゃんタイプも、本能をくすぐられて守ってあげたくなるそうです。
「イクメン」「カジメン」などありますが彼に、求め過ぎず、欲を深く持たないことが好感につながるようです。
相手に求め過ぎないということは、なかなか実行できることではありません。
「ほかの人はやっているじゃない」「折角~してあげたのに」と彼に親切にしても、感謝されなかったり、他人と比べてしまったりすると、損だと感じます。
しかし、ほかの人も、初めからそんなに彼女へ尽くす彼だったのでしょうか?
~してあげたのは、自分が先で、彼は感謝をするべきでしょうか?
思い出してみると、彼以外で、今まで、まったく見返り無く親切にしてくれた人が、必ずいるはずです
自分は相手に何も親切にしていないのに、やさしく挨拶をしてくれた人などを思い出してください。
そして、自分でも気づかぬうちに迷惑をかけてしまったこと、不用意に他人を傷つけてしまったこと、それらを黙って許してくれた人も、見返りの無い優しさを、あなたへ渡してくれていました。
そんな人たちが自分に無償でくれた、優しさを彼に返すつもりで接することで、彼から優しいコミュニケーションが生まれます。
そして、求めすぎない、彼の理想の女性へ近づけると思います。
心を込めてあいさつをし、話を聞き、共感し、幸せをともによろこび、落ち込んでいるときには見守り、逆境にあるときにも見捨てないこと。
これが、相手の存在を認めてあげることになり、彼に安心感を与えられる彼女へ近づけます。

自分の周りの関係を円滑にする

自分の周りの関係も大切です。
定期的に家族と連絡を取ってコミュニケーションをとり、両親や兄弟と関をが良好にしておくと、彼も付き合いやすいです。
また、家族に大きな借金はないかなど、付き合っていて彼に迷惑にならないように少しでもリスクを減らしていくことも、男性には理想的と映るようです。
彼の友達との関係では、ベラベラ話さずとも、一緒にその場を楽しんでくれるとよいようです。
自分と彼氏と友達が均等にしゃべれるような感じだと、場の空気が良くなります。
周囲の行動をよく見て、自分がどういう行動をとったら相手が喜ぶかを考えるようにすると、周りも彼も関係を築きやすく、理想的です。

最低限のマナーやモラルを身につけている

男性は、女性らしくない乱暴な言葉遣い、高圧的、高飛車な態度、下ネタが露骨すぎるなどの態度には嫌悪感を覚えます。
挨拶やお礼が気持ちよく言える、年上には敬語を使う、など、他人が見て恥ずかしく無い程度の必要最低限の作法や礼儀、常識は身につけておいたほうがいいです。
全てをパーフェクトにする必要はありませんが、誰かを不快にさせないことが最低限求められます。

何があってもそばにいてくれる

どんな逆境にいても、そばにいるだけで、男性は喜びます、果ては自分は幸せだと感じます。
つまり、浮気をされることは、最も嫌悪することです。
一回でも過ちが発覚すれば即別れるという割合は多いそうです。
寄り添って生きてくれるという意志を伝えられれば、彼の理想の彼女へ近づけると思います。

こんな記事も読まれています



シェア