LINE or メール 彼にうまく気持ちを伝えるには?!

3,056 views

LINEで、簡単に短時間で連絡がとれるようになりましたが、付き合っていても、LINE上で破局する・・・。
なんてことも、あるようになりました。
付き合っている彼との、LINEでうまくコミュニケーションする方法は、どんなものでしょうか。
そして、メールで連絡をとるメリットって?
彼に、気持ちが伝わる連絡をする方法はどんなものでしょう。



メールで気持ちをつかむ活用法

自分がメールをもらって、返信したいと思えるのは、どんなメールでしょうか。
趣味や興味がある、ものについて質問されたら、気軽に返信できるのではないでしょうか。
写真好き、旅好き、バイク好きなど、彼の趣味や興味を聞いておきましょう。
自分と離れたマニアックな趣味でも、彼に質問して知っていくと、共通の話題が増えます。
また、画像を添付すると、文章に力をいれずとも、連絡が取れます。
日常の風景などではなく、話題性のあるような画像にすると返信しやすいです。
コーヒーの3Dラテアートや、変わったお菓子のパッケージ、人の顔に見える建物など、思わず返信したくなるようなものがいいです。
メールは一度自分で考える時間をとって、連絡することができます。
彼に、自分の気持ちを押し付けてパンクさせる前に、自分で落ち着いてから内容を送信するといいです。
また、彼の他にはメールでは連絡をしないと、特別感を与えられます。

LINEで破局しない活用法

LINEでは、短時間で会話のキャッチボールができるので、自分の気持ちをダイレクトに伝えることができますね。
でも、返信が遅いとイライラしてしまったり、既読がずっとつかないと不安になって、ケンカにつながる事もあります。
LINEのいいところを活用して、連絡事項をおくる程度にすると、イライラも減るし、LINEで別れるなんて事も減ります。
「明日は何時集合?」「12時は?」「OK」などと、予定をすぐに決めたいときに使います。
短文で、送れるところもLINEのいいところです。
LINEを使うときは、自分の気持ちをすぐに伝えず、相手がどう思うか考えて使用することで、トラブルも減ると思います。
会ったときに、長い話や、自分の細かい気持ちを聞いてもらう事にして、LINEでは長い会話は避けましょう。

ユーモアで心をつかむ

LINEでもメールでも、ユーモアは大切ですし、カップルの長続きにも必要です。
LINEでは、面白いスタンプを見つけておき、それを組み合わせて、文章にして送ったり、メールの絵文字を使って、文章を送ります。
ご飯と、イルカの絵文字で、「ご飯いるか?」銃と、馬の絵文字で「ガンバ」など。
ちょっと気持ちの悪い動く絵文字なども、笑いの種になります。
ユーモアのセンスを磨くには、読書が最適です。
北野たけしさんは、たいへんな読書家だそうです。
読書は、一日10分からでも始められます、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

強制しない

彼にも、自分にも、それぞれの生活ペースがあります。「なんで返事すぐくれないの?」と強要するのは、避けたほうがいいです。
「家に着いたら必ずメールして」など、彼を知りたい気持ちもあると思いますが、自分が彼にされたら嫌なことは、避けましょう。

おやすみの一言を伝える

あくせく動いた一日の終わりに、恋人からメールが来ると、ホッとします。
相手が、気分よく眠りにつくことができるように、グチや文句は、我慢することも必要です。
「おやすみ、また明日ね」と、短いメッセージでも、彼と同じ時間を過ごしていることを伝えられます。
彼に、毎日自分の気持ちを素直に伝えて、よろこんでもらえると、二人の仲もグッと近くなると思います。

こんな記事も読まれています




シェア