結婚は焦らなくていい。年齢関係なく自分が納得した時が結婚時期

2,410 views

今の時代、晩婚型だと言われていますが別にいいと思います。人によって適齢期って違うと思ってます。何故、焦る?子供問題?家問題?親問題?お金の問題?色々あると思いますが、結婚は相手あってのことでもありますが、迷いがある中結婚しても結婚生活は、途中で「こんなはずじゃなかった」と思う自分を後悔することでしょう。



遊んで、恋して楽しむ

社会人になれば、人生を楽しむ。仕事も頑張って、プライベートでは沢山遊んで、恋をして人生を謳歌するのが一番。
付き合っている人がいても、年齢を重ねても「結婚」と言うキーワードに惑わされることなく楽しまないと。
遊び倒して、もう遊びつくした時が結婚を考えてもいいと思います。
人によっては、遊びつくした時間の感じ方は違うと思いますので、自分と向き合う時は必ず必要になってくると思います。

結婚する時は、タイミングと勢いの波に乗るべし

仕事も順調に乗ってきたし、そろそろ身を固めてもいいかなと思う時が恋人時代に何かの折に巡ってくると思います。
その時は、ためらわず勢いを持ってプロポーズをして結婚に踏み切るのも大事ですよ。
理想は、彼からプロポーズされるのが理想と言っていると思っている方も多数いると思いますが、理想通りなんてなかなかありません。
自分が結婚したい時に、思い切ってプロポーズしてみてはいかがでしょうか。
収入が、、、仕事が、、、なーんてことは結婚してから二人で問題解決すれば何とでもなるものですから。

子供がいる家庭?ずっと夫婦だけ?

これって永遠のテーマだと思います。子供がいるから幸せとは限らない。何故?自分は子供が大好きだし、大好きな人だからこそその人との子供が欲しい。
これは結婚しなくても恋人時代でも感じますよね。子育てって自分が想像していた以上に大変です。
夫婦二人でも周りの余計なお世話な言動に振り回されることもあるでしょう。
お互いが納得して夫婦二人の人生を歩むと決めたなら周りは何も言わず応援して欲しいものです。

結婚しても仕事していい?辞めていい?

資格を持っていて、全国どこでも再就職が可能な資格ならば相手の収入によって、または相手の希望次第で専業主婦でもいいと思います。
でも相手の収入だけでは生活が出来ない人だって少なからずいます。結婚してもライフスタイルは変わるだろうけれど仕事は続けた方が
いいと思います。
妻が仕事を継続するにあたって、当然不利なのは妻側。家事も買い物も仕事しながらでも苦痛にならない人は大丈夫だけれど、
そうで無い人もいますよね。当然、結婚と同時に夫育て遂行しましょう。

親との交流は、必要だけれど生活の中心は夫婦二人生活

結婚後も親が何かと心配?で電話したり、実家へ行ったり夫婦の家に来たりするご両親もいるのではないでしょうか。
でも、親元を離れ夫婦二人で生活を開始したならば特別な用事がない限り二人中心の生活をするべきかと思います。
相手が毎週毎週実家へ行かれると最初は許していても、そのうち内心穏やかじゃなくなりますよね。
夫婦二人でやっていくと決めたからには、何があっても夫婦二人で乗り越えていくのが筋だと思います。
そうすれば夫婦の絆もぐっと固いものになると思います。

こんな記事も読まれています



シェア