発達障害者と結婚、問題点と対策~怯えないで一歩踏み出そう

4,805 views

発達障害者は、人とのコミュニケーションを取りにくい障害です。 他の障害と同様、結婚できるか出来ないかという次元で悩みを抱えている人が多いです。 しかも、大人になるまで障害に本人も、周りの人も気づいていなかったため、当惑したり苦悩している場合があります。 発達障害があるから結婚できないか? 障害を持っていると知っていたかいないかにかかわらず、結婚生活を送っている人は多いです。 発達障害当事者と周りの人が考えるべき問題点と対策を挙げました。



発達障害とは

発達障害とは、知能の偏りが原因で社会生活を送るのに困難を生じている状況を言います。
とりわけ人とのコミュニケーションが苦手です。
また、大人になってからはじめて障害に気づくことが多く、学齢期では頭の良い子として見過ごされることも多いです。
故に結婚という気持ちが芽生えても、社会に出た時からの様々な挫折で怯えて、一歩を踏み出せない当事者が多いです。

発達障害者と結婚

発達障害は人間関係の障害です。
結婚というものも人間関係です。
自分は結婚できないのではないかという恐れを抱いている人もいますが、そんなことはありません。
発達障害者でも結婚生活を送っている人は多いのです。

これまで挫折してきたことで怯えないで

発達障害者は社会人になるまでは、変わっているけれど勉強のできる良い子として評価されてきます。
しかし、社会に出た途端、高度なコミュニケーション能力を要求されて職場で挫折したりしているのです。
二次障害でうつになっている人も多いです。
結婚とは職場生活とは違うものです、怯えないで、足を踏み入れてみたらどうでしょう。

発達障害を理解してもらうこと

自分が発達障害者であることを相手や家族に話し、理解を得ることは結婚生活上で大事なことと思えます。
しかし、環境を整えてください、わかってくださいというより、人間関係を結ぼうとしていることをアピールし、そののちカミングアウトした方がよい時もあります。
結婚は職場と違いますから、別の対応yが必要です。

似た者同士とフォローする人

発達障害の人は、結構似たタイプの人と結婚することが多いようです。相互に干渉することが嫌いなので、下宿人同士のような関係を結ぶことがあります。
もう一つは、フォローしてもらう人が現れtら場合、フォローされて結婚生活を送る人もあるということです。
結婚のかたちは人さまざまで、これという正解はありません。
試行錯誤して築き上げていくものです。
障害がなくてもそういうものです。
怖がらないで一歩を踏み出してみましょう。

こんな記事も読まれています