パパも必見!長く夫婦の関係を良い関係に保つ方法

2,548 views

夫婦って子供が生まれる前から子供が親離れをしてもずっと代わらず夫婦なんですよね。歳をとって夫婦だけの時間が増えたときに会話が無かったり別々の行動が多かったりしたら寂しくありませんか?夫婦の関係が良くないと思うパパやママはほとんどの場合子育て中にすれ違いしている夫婦が多いようです。ここでは、長くパパと良い関係が保てるにはお互いにどうしたら良いのか?まとめてみました。

当たり前と思わない

女性が家事や子育てをすることやパパが仕事をすることって当たり前のことじゃないです。これらが出来ない人も数多くいるので、家族の為を思って頑張っていることは心の隅にでも忘れずに置いておくと自然とありがとうという気持ちになれるものです。どちらかが何かで苦しんでるときには積極的に話を聞いてあげて負担を軽くしてあげてくださいね。

相手の気持ちを考える

相手が友達だったり会社の人だったりして他人だと気を使えるのにパパやママに対してはいつの間にか気を使えなくなっちゃうんですよね。ちょっとイラっと来たときには少し冷静になってみて、自分が言われたら・自分がされたらどうなんだろう?と考えてから言動に出すと喧嘩にはなることはありません。まずは何でも自分に置き換えて考えてみたら良いかもしれないですね。

ちょっとしたことでも

昔と違って今は通信機器がとっても便利!パパのお仕事にもよりますが、仕事中にラインやメールくらいなら大丈夫!な環境であればちょっとしたことでもママと連絡をとってみたり逆にママの方もパパに連絡してみるのも大事です。お互いに忙しいときには反応出来ないことは承知の上でやり取りしてみてはいかがですか?こういう普段から通信機器でのやり取りがあると直接言いにくいことも言えるのでとっても便利ですよ!

2人で心掛けたいこと

パパやママの誕生日や結婚記念日には子供が小さくてなかなか難しくてもなるべく時間を作ってお出掛けしてみましょう。本当は海外のように毎週だったり毎月決めた日に子どもを預けてデートする方が良いのですが日本は海外と違って残業も多いですし、子供を頻繁に預ける行為に対してまだ批判的に考える方も多いので、最低でも何かの記念日には2人の思い出を増やすようにお互いが働きかけてみましょう。

まとめ

夫婦が長く良い関係でいられるには、やはりそれまでどんな生活を送ってきたかだと思います。パパが子育てやママのことに無関心なまま過ごしてしまうと溝が深まってしまい子供が親離れする頃にはお互いが空気のような存在になってしまっていたり別々の目標や楽しみを見つけてしまい修復が不可能な状態になってしまいます。そうなってから後悔しても時間は戻って来ません。大変な思いをするのも喜びも常にママとパパと共有出来るような夫婦になってくださいね。

こんな記事も読まれています