赤ちゃんの夏の対策方法5選。暑い夏を乗り切ろう!

2,170 views

暑い夏がやってきますね。

赤ちゃんにとっても夏は大変な季節。

あせもや湿疹も増えがちです。

しっかりとケアをして暑い夏を乗り切りましょう!

夏の過ごし方、対策をまとめました!



水分補給はこまめに

赤ちゃんも大人も同じ。
夏はのどが渇くんです!
気温の暑い日や外出した際は少し気にかけてこまめに授乳やミルクをあげましょう。
よく赤ちゃん用の麦茶や番茶などがありますが、母乳がでるようであれば母乳のみで十分です。
昔はよくスプーンで湯冷ましや麦茶をあげましたが、最近ではあげないという方針が多いようです。
あまり水分を与えると母乳を飲まなくなるのであげる際は注意しましょう。

紫外線対策

お出かけの際は紫外線対策をしっかりと!
ベビーカーでのお出かけの時は日焼け防止に薄手のカーデガンなどを羽織るか、ひざかけなどをして直射日光をさけるようにしましょう。
赤ちゃん用の日焼け止めクリームもあるようです。
肌に合わないようであればすぐに使用を中止しましょう。
お母さんも日傘をさすなどして対策するようにして!

虫よけ対策

肌の露出が多い夏は虫よけ対策が必要!
子供用の虫さされクリームは夏が来る前に準備しておいた方が良いかもしれませんね。
ベビーカーにぶらさげたり、衣類に貼るタイプの虫よけ剤も売っているようです。
色々試してみると良いかもしれません。
夕方は虫や蚊が多いので、お散歩をするのなら午前中がベストです。

エアコンと扇風機

室内温度はエアコンや扇風機をうまく使いましょう。
だいたい室温は24度~28度がベストです。
必要以上に冷やすと赤ちゃんも風邪をひきやすくなってしまいます。
寝苦しくない程度で、エアコンや扇風機をかける時は、直接風が肌に当たらないように気を付けてください。
おなかが冷えないようにタオルなどをかけてあげると良いでしょう。

こまめにお着替え

夏は抱っこしているだけでもお互いに汗をかいてしまいます。
赤ちゃんはとても新陳代謝が良いですので、寝ている時も背中に汗をかいていることが多いです。
汗をかいてしまったらそのままにしておかずにこまめに着替えさせてあげましょう。
背中に汗とりパットなどをしてあげるのも良いと思います。
ノースリーブはインナーには良いですが、ノースリーブ1枚だけ着て過ごすことはおすすめしません。
汗を吸い取らないので、袖のあるものを1枚着せてあげましょう。

こんな記事も読まれています