妊娠中のママの体の変化あるある

3,056 views

妊娠中どんどん変わっていく自分の体に、少し愕然としてはいませんか?私は、妊娠して嬉しい気持ちと、いつも着ていた服が入らなくなりおしゃれが出来なくなることに少し戸惑いも感じていました。臨月の頃には、このお腹が誇らしく思えるようになりましたが!そんな妊婦さんに向けた、体の変化あるあるをご紹介します。

正中線ができる

お腹の真ん中に縦に黒い線ができた!という妊婦さんは沢山いらっしゃるみたいですね。産後もこれが残るのかな?と心配される方も多いかとは思いますが、これは、産後少しずつ消えていきますので、安心してください。合わせて、お腹の毛が濃くなったという声も聞きました。大切なものを守るために毛は生えますので、赤ちゃんを守っているんですね。こちらも産後次第に薄くなりますよ。

むくみやすくなる

妊娠中、お腹が大きくなるとどうしても太ももを圧迫し血流が悪くなってしまいます。ただでさえ、血液の量が50%も増えているで、足が象みたいになった!という方は沢山いらっしゃるようですね。こちらも出産と共に落ち着きます。ただ、出産直後は更に浮腫むという方も多いようです。塩分の取り過ぎ、体重の増えすぎによる妊娠中毒症でもこちらの症状はさらに悪化しますので、妊娠中の食事内容には気をつけたほうが良さそうです。

何をしても眠い

何をしても眠い!仕事中もうとうとして寝てしまいそうになったという方も大勢いらっしゃるようですね。これは、妊娠中に増加する黄体ホルモンが原因と言われているようですね。もし、昼間にお昼寝できる環境であれば、今のうちにたくさん休養を取っておくと良いでしょう。

胸が大きくなる

妊娠中から胸が大きくなった!という声も多いです。妊娠中はエストロゲンの影響により、授乳に備えるため妊娠中から胸が大きくなります。妊娠後期には1.5倍の大きさになるようです。それに伴い、ブラジャーのサイズ変更が必要ですし、なるべくノンワイヤーの締め付けのないものを選びましょう。UNIQLOのブラトップは、授乳期にも使えますしとても便利でした。筆者は5枚ほど買い足しました。

妊娠線ができる

これは多くの本にも書いていますよね。特に妊娠後期のお腹が一気に大きくなる頃にお腹の下のあたりに出現しはじめます。妊娠線予防クリームをぬり、予防しましょう。こちらは、できてしまうと産後薄くはなりますが痕が残ります。乾燥させないことが重要ですので、初期のうちからこまめにクリームで保湿してあげましょう。筆者はnatural scienceのクリームを夜だけ塗ってました。3500gの大きな子供を出産しましたが妊娠線は一つもできませんでした!オススメです!

いかがでしたか?産後も綺麗なママでいるために、妊娠中にケアできるものはしっかりケアしてあげましょう。

こんな記事も読まれています