子育てママに人気の絵本5選!

2,376 views

絵本が理解できるのはまだまだ、、、

生まれたばかりの赤ちゃんをみてそう思われる方もいらっしゃるかと思います。

最初は反応がなくても赤ちゃんは目で見て考える力を身に着けます。

小さなお子さまから少し大きくなったお兄ちゃん、お姉ちゃんまで楽しめる絵本を5冊ご紹介します。



カラフル絵本 しましまぐるぐる

『しましまぐるぐる』は、赤ちゃんが注目する黒を中心に2か月児でも見やすいコントラストの強い配色にデザインされた絵本です。
赤ちゃんがうまれながらに反応する顔やしましまのものやぐるぐるしているものが、色鮮やかに描かれています。
赤ちゃんが絵本なんて早すぎる?という方も、あまりの反応の良さにびっくりしてしまうかもしれませんよ。
ちなみに同じシリーズとして『ぶんぶんきいろ』や『けろけろみどり』などもあります。

http://www.ehonnavi.net/ehon/27398/%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%9D%E3%81%BC%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%90%E3%82%8B/

美味しそうな果物に釘づけ 『くだもの』

絵本『くだもの』はスイカ・もも・ぶどう・ナシなど、子どもが大好きな色鮮やかな果物の絵が「さぁ どうぞ」の一言ともに次々とあらわれる絵本です。
平山和子さんの写実的な絵がとても美味しそうで、子どもたちの目も釘づけになります。

この絵本を通じてくだものの名前や、「さぁ どうぞ」の言葉などを覚え始める子どもも多いようです。
「どうぞ」といってママに食べさせるマネをしてくれた時には嬉しくて感動してしまいますね。

http://www.ehonnavi.net/ehon/575/%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%82%82%E3%81%AE/

『クレヨンのくろくん』

『くれよんのくろくん』はカラフルで可愛らしいクレヨンたちが繰り広げる感動的なお話です。
子どもが大好きなお絵かき、クレヨンを題材にしているので、子どもたちも親しみのもてる本です。

また、ただ可愛いだけでなく「仲間外れはしてはいけない」という、子どもにはなかなか難しい題材を扱っていて、この本を通じて学ぶ子どもも多いのではないでしょうか。
シリーズとして『くろくんとなぞのおばけ』、『くろくんとふしぎななかまたち』があります。
この2作は、少し難しい?内容となっているので、成長に合わせて読んであげるといいですね。

怒った顔が特徴 『いやだいやだ』

なんでもすぐに「いやだ」といってしまうルルちゃんのお話です。
誰にでもおとずれるイヤイヤ期、ママにとってはとても大変な時期ですが、子どもたちもいろいろなことを自分で納得したいのです。(わかってはいてもイライラしてしまうときもありますが)

この本の最後は読んでいるこどもたちへの問いかけで終わります。
子ども自分で答えをみつけさせるための問いになっています。

「いやだ いやだ」と言い始めたお子さまにぴったりの一冊です。

『ばけばけばけばけ ばけたくん』

『ばけばけばけばけ ばけたくん』は、ばけたくんというやんちゃなおばけの男の子が色々な食べ物に変身するお話です。
表紙から可愛いばけたくんの顔が描かれていて、みただけで子どもは嬉しそう。

子どもが大好きなぺろぺろキャンディーやいちごに変身するので子どもにも分かりやすく愛嬌にあふれています。

次は何に変身するのかな?とページをめくるたびにばけたくんの変身した姿に子どもが笑うので何度も何度も読んでしまいます。

大人も楽しくなる絵本、一度お手にとってみてください。

こんな記事も読まれています