ナイトウエディングのおススメポイント!ロマンティックな雰囲気に憧れる!

1,957 views

ナイトウエディングと言われる、夕方から夜にかけて執り行う結婚式。

夜ならではのロマンティックな雰囲気を満喫してみてはいかがでしょうか?

ナイトウエディングのお勧めポイントなどをご紹介いたします。

夜ならではのロマンティック&ドラマティックな演出を!

夜景を楽しめる会場を選び、キラキラと輝く景色をゲストにも楽しんでいただけるのもないとナイトウエディングの魅力!

会場内やガーデン、テラスなどをライトアップ演出したり、キャンドル演出、花火演出をするなど、ロマンティックな空間作りをして昼間とは一味も二味も違ったドラマテイック雰囲気を楽しめます。

ライトアップされたキラキラ空間の中での写真も素敵ですよ!

平日の夜に設定することによってお値段もリーズナブルになる!?

土日祝にお仕事がメインになっている方もいますよね。
そんな方にとっては、土日祝に行われることの多い結婚式には、参加したくてもどうしても参加できない場合があります。

ナイトウエディングにして、平日の夜に執り行うことにすれば、ゲストの方々も会社帰りに駆けつけることができる可能性が広がります。

小さい子供さんがいらっしゃる方がゲストに多い場合は、夜の参加は難しいかもしれませんので、ご招待するゲストの顔ぶれで、平日の夜のほうが集まる率が高いかどうかを検討してみるとよいでしょう!

また平日であれば土日祝日に挙げるよりも予約も取りやすくなりますし、昼間よりも、夜景を楽しむことをメインにしたり、ライトアップ演出だけでも、幻想的な雰囲気を楽しむことができたりするので、昼間に様々な演出を取り入れるよりもお値段もリーズナブルになる可能性大です。

食事と会話をゆっくりと楽しむ大人ウエディング

ナイトウエディングというロマンティックな雰囲気を最大限に利用して、特別な演出をしなくても、夜景や光の演出などをメインに、食事と会話をゆっくりと楽しみたい方に特におススメです。

ゲストの皆様にとっても、ナイトウエディングならではの魅力を堪能してもらいましょう!

ゲストにとっても時間に余裕ができる

昼間の結婚式の場合、ゲストにとっても早起きして美容院に行ったり、支度に忙しくなり、朝からほぼ一日拘束される形になります。

しかし、ナイトウエディングの場合は、昼間にゆっくり支度をしたり、用事を済ませることもできるので、ゲストにとっても時間にゆとりができます。

昼間の結婚式にはなかなか着ていけなかった着物をゆっくりと支度できることで着ることができたり、夜ならではのカジュアルなおしゃれを楽しむこともできます。

招待状のドレスコードを参考に、夜だからこそのおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ライトアップに映えるドレスカラーもいいですね!

夏ウエディングには特におススメ!

7月~9月の暑い季節に行われる結婚式は、ゲストにとっても衣装選びや、メイクくずれなど気になるところです。
男性もスーツは暑くて大変ですよね。

夜であれば少し涼しくなりますので、夏のアイトウエディングは喜ばれると思います。

ガーデンでの演出が可能なところであれば、ライトアップしての噴水演出などもおススメです!

いかがでしたでしょうか?
最近はナイトウエディングも人気が高くなってきているようですので、検討してみてはいかがでしょうか?

こんな記事も読まれています