結婚式に参列するときの男性の服装マナーまとめ

2,412 views

結婚式にご招待いただいたとき、男性ゲストが気をつけたい装いポイントをまとめてみました。

上品で素敵なコーディネートを心がけ、好印象の装いで新郎新婦をお祝いしましょう!

まずは基本のスーツをしっかりと着こなしましょう!

参列者の場合は、黒無地のスーツが一般的です。
特に上司として参列する場合や、代表スピーチなどを頼まれている場合は、黒のフォーマルスーツが相応しいでしょう。
・・・が、友人、同僚として参列する場合、最近は濃紺などを選ぶ方も増えているようです。とはいっても、スーツの柄は、無地または無地に近いストライプスーツが無難です。

結婚式はフォーマルな場であることを忘れずに、フォーマルスーツを持っていない方は、ぜひ一枚は用意しておくことをおススメします。

ネクタイの色や柄の選び方は?

ネクタイも基本的には、白ネクタイが相応しいと言われています。

特に、ご年配の方や、上司としての立場であれば、やはり上品にまとまる白ネクタイがいいでしょう。
友人、同僚の立場としての参列であれば、上品で光沢ある素材、質感のもので、白やシルバー、ライトグレー、パステルカラーをセレクトしてもいいでしょう。

黒色のネクタイは柄物であっても相応しくないので絶対に避けましょう!

シャツの色は?

会場や、参列する立場にもよりますが、基本的にはシャツも白シャツをおススメします。
シャツの襟は、レギュラーカラーと呼ばれるものを選びましょう。

どうしてもカラーシャツでオシャレをしたいという方は、レストランウエディングや、披露宴だけのカジュアルさのあるパーティーでの着用をおススメします。

また白シャツはどうしても・・・という方は、淡いパステルカラーシャツを着ている方も最近は多くなってきたように思いますので、会場の格式などにも合わせて対応してみてください。

アイロンのしっかりかかった清潔感のあるシャツでピシッと着こなしてくださいね!

ポケットチーフは?

結婚式に参列する場合、ポケットチーフもやはり白無地が基本マナーです。

素材は、麻・シルク・コットンなど、様々あります。
基本的には素材は自由ですが、結婚式では華やかで上品な印象に見える、最もポピュラーなシルク生地がいいと思います。

フォーマルな場に相応しいポケットチーフの折り方は「スリーピークス」がおススメです。

スーツを上品に着こなすアイテムのひとつでもあるポケットチーフは、フォーマルスタイルに欠かせないアイテムです。

靴下、靴の色・素材は?

フォーマルな場では基本的にはスーツに合わせて、靴下も靴も黒となります。
白いネクタイだからといって、白い靴下は履きません。
長さは、足を組んだときに素肌が見えないミドル丈を着用しましょう。

オシャレは足元から・・・という言葉もあるように、足元もフォーマルに合わせるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
男性の身だしなみは案外チェックされているものですよ。
新郎新婦、親族、他のゲストの方にも好印象を与える身だしなみを心がけましょう!

こんな記事も読まれています