アメリカの結婚式事情!国際結婚のために知っておこう!

3,126 views

日本の結婚式は堅苦しくてイヤ!みんなと違うことがしたい!と思ってる方必見。

アメリカの結婚式事情をリサーチしました。普通の結婚式と違うアイデアが浮かぶかも?!

いまや国際結婚は当たり前。国際結婚に憧れがある人は、いつ、アメリカ人に求婚されてもいいように、準備だけはしておいてもいいんじゃないでしょうか?

御祝儀事情なんかも、日本と違って勉強になりますよ。



バチェラーパーティー

新郎の親しい友人が結婚式前日などに集まり、馬鹿騒ぎをするようです。
女性のセクシーな下着を新郎にプレゼントしたり、悪ふざけをするのが特徴。
新郎が二日酔いで結婚式に登場したりして、最初の夫婦喧嘩になることも多いそうです。

ウエディングパーティー

最近は、レセプションパーティーと呼ばれることも多い、日本でいう披露宴。
アメリカでは男女ペアで参加することが多く、ダンスなどが必ずあるそうです。
ですので、女性は踊りやすいドレスで出席する人が多いとか。
日本の披露宴でも、こんなラフなスタイルがあれば、人と違った披露宴パーティーにもなりますね。

ご祝儀事情

アメリカではプレゼントや小切手に分かれるそうです。
プレゼントの場合は、新郎新婦から欲しいものリストをもらい、予算に合わせて購入するのが一般的。
小切手の場合は、日本の引出物がない分100ドルとお安め。
ペアで招待されることが多いので、2人分のディナーをカバーできる程度のプレゼントや小切手を準備しましょう。

未婚男性に向けて

ブーケトスは一般的ですが、花婿が未婚男性に行うガータートスをする風習があるようです。
これは、花婿が花嫁のスカートもぐり、身につけているガータを外し、未婚男性に向けて投げるとゆう行いです。日本でも二次会などでしている光景をみる機会が増えましたね。
披露宴など、親族のいてる場ではなかなか難しいでしょうが、2次会などのお友達同士の間柄では
盛り上がる演出になることでしょう。

アメリカで花嫁が幸せになる4つのもの

古いもの【家族の母や、祖母から受け継いだドレスに付けるリボンや、レースなど】
新しいもの【新しい白いもの。長手袋や、サテン製の上靴など】
借りたもの【幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から、その幸せにあやかってハンカチやアクセサリーを借りる】
青いもの【聖母マリアのシンボルカラーの青、純潔を表すカラーで、目立たない部分につけることが良いらしく、白いガータに青いリボンを飾るのが一般的】

こんな記事も読まれています