育児に疲れた…そんな時思い出してほしい5つの言葉

2,960 views

我が子はとってもかわいい。

だけど、育児に追われてイライラ…

余裕がなくなっちゃう時って

ありますよね。

イライラしちゃった自分もいやになって

自己嫌悪、

そんなとき心の中で思い出してほしい。

赤ちゃんとママのための言葉。



はぁー。ではなく、ふぅー。

ぜんぜん泣き止んで紅くれない赤ちゃん…

はぁー。
と、ため息がでてしまいますよね。

でも、そのため息がもっと気持ちを
追い込んでいませんか?
はあー。ではなく…ふぅー。
っと、一息付くイメージで呼吸してみてください。

その一息で気持ちが違ってきます。

はぁー。と、疲れたため息は自分自身を余計に疲れさせてしまいます。

ふぅー。と、大きく一息…すると
心が少し落ち着きませんか?

知ってるよー、わかってるよー

赤ちゃんが、泣き止まず
どうしよう?どうしたの?
なんで泣くの?

そんな風に心の中がいっぱいになっていませんか?

そんな時、口に出して
「知ってるよ〜。」「わかってるよ〜」
など、リズムにのるように
言ってみてください。

どうしてなの?どうしたいの?
そんな気持ちでぐるぐるしてた頭が
スッキリして
心も落ち着いてきませんか?

赤ちゃんも無言で抱っこされてるよりも
ママがリズムにのって
話しかけてくれると安心してくれます。

にこにこ笑いながら
言ってみてください。

ありがとう、

ありがとう。
この言葉は魔法の言葉です。

泣き止まない、寝てくれない…
そんな時に
ありがとう、と思える余裕はないかもしれません。

でも赤ちゃんが眠ってくれた後
我が子を見て
呟いちゃいましょう。

ありがとう。

産まれてきてくれてありがとう。
出産した、あの時のことを思い出して言ってみるのもいいでしょう。

今日も1日ありがとう。
昼間、ニコニコ遊んでくれてた姿を
思い出して言ってみるのもいいでしょう。

いっぱい食べてくれてありがとう。
離乳食を食べてくれてる姿を
思い出して言ってみるのもいいでしょう。

なんだっていいんです。
産まれてきてくれて毎日、元気に育ってくれてることにありがとう。
…って
言ってみてください。

心がすっきりしませんか?

ごめんね、

ママだって人間なんです。
イライラしちゃう時もあって当然。

あたりたくなっちゃう気持ちも当然。
でも、その気持ちを
明日に持ち越さないようにしましょう。

イライラしちゃってごめんね。
ママ今日は余裕なかったー…ごめんね。

口に出してごめんね、

…と伝えるだけでママの気持ちも
リセットされませんか?

イライラしたり余裕のない気持ちを
引きずらないことが大切。

ごめんね、って伝えてみましょう。

だいすき

だいすき。
赤ちゃんにだってだいすき、の意味はわかっているようです。

だいすき、がどんな意味を持った
言葉なのか
ちゃんと詳しくはわからなくても
ママの柔らかい声や優しい笑顔で
赤ちゃんにもだいすきって言葉は気持ちの良い言葉なんだと伝わります。

だいすき…なんて言ってる余裕ないよーと、思う時もあると
思いますが、目を見てだいすき。
そう言えると赤ちゃんもママも幸せに感じれます。

疲れちゃうけど
ほんとにだいすきな我が子だからこそ
この言葉が、ママを救ってくれます。

こんな記事も読まれています