彼氏のお母さんに挨拶に行く時に気をつけるべきこと5《マナーに注意》

6,238 views

付き合っている彼や、結婚を考えている彼の両親に挨拶に行った時、できればいい印象を持ってもらいたいですよね。 そこで、彼の両親に初めて会うときに気をつけるべきこと、NGマナーについてまとめてみました。 両親に対面する前に予習しておきましょう。

挨拶

彼の両親に会う時、「第一印象」を良くするためにはまず明るい笑顔で挨拶をすることが大事です。

そして家に上がる時には、先に彼に上がってもらい、正面を向いて靴を脱ぎます。
脱いだら向き直って膝をつき、自分の靴と彼の靴を揃えましょう。

このような礼儀や挨拶がきちんとできるだけでも、いい印象を持たれます。

手土産

手土産を渡す時に気をつけたいのが、必ず風呂敷や紙袋から出して渡すこと。
袋に入れたまま渡すのは失礼です。

日持ちしないものや切り分けにくいお菓子はなるべく避け、基本的には実際に自分が食べたことがあって美味しいと思ったものを選ぶのがベストだと思います。

渡す時に「つまらないものですが」と言うよりも「美味しいと評判なので買ってきました」などと一言添えればいいです。

服装・身だしなみ

目上の人と会う際には、お洒落よりも個性よりもTPOに適った服装を心がけましょう。

ノースリーブやミニスカートといった露出度の高い服は避けて、清楚な雰囲気のワンピースやミモレ丈のスカートなどの「女性らしいファッション」にすると好感度アップにつながります。

メイクも普段よりもナチュラルを心がけましょう。髪型は下ろしているよりも、ハーフアップか一つにまとめたスタイルの方が清潔感が出ます。

特に女性(お母さん)は細かいところまでよく見ています。服装はもちろんですが、初めて会う場合は特にちょっとしたマナーに目を光らせています。食事の席で会うことも多いと思うので、お箸の使い方にも気をつけて下さい。

彼の名前は〇〇さん

彼のことは普段の呼び方ではなく「○○さん」と言いましょう。いくら仲がよくても、彼の実家では少し他人行儀なぐらいがちょうどいいです

また、彼の両親に話しかける時などは、「〇〇さんのお母様は…」というように、彼の名前をつけて呼ぶ方が自然でいいと思います。間違っても「あばさん」「おじさん」と呼ばないように気をつけて下さい。

長居しすぎない

いくら会話が弾んで居心地よく感じても、彼の実家に長居するのは厳禁です。二時間ほどたったら「そろそろ失礼させていただきます。」と言って帰りましょう。

彼氏の実家が遠方で、帰省をかねているという場合を除いては、初日から彼の実家に泊まるなんてもってのほかです。

初めて彼の両親に会う時は誰でも緊張すると思いますが、彼があなたを両親に紹介したいという事はそれだけ真剣に付き合っているということなので自信をもってくださいね。

こんな記事も読まれています



シェア