モテる人は使ってる?恋愛テクニックを紹介!!

2,449 views

モテル人は無意識にやってる人もいれば

計算してやっている人もいます。

でも、そんなテクニックってどうやって?って思いますますよね?

ちょっとした秘訣を公開します。



とりあえず仲良くなろう!

話す内容がなくて、何話せばいいかも分からない。っていう人がいるのではないでしょうか?
そいゆう方はまず相手の情報を多く得てください
趣味や好きな音楽に触れてみること。
そうする事によって共通点が多いということに
安心感を覚えるので仲が深まる

ミラーリングと同調効果

これらは心理学でよく使われる言葉で
相手との仲を深めたい時に使われます。
ミラーリング、同調効果というのは相手の行動を真似るということです。
相手が飲み物を飲み、相手が笑ったらこちらも…。
っと言う風に使うことによって親近感を持たせることができます。

ハラハラドキドキさせる吊り橋効果

吊り橋効果というのはある心理学の実験で不安定の吊り橋を渡をわたる
ドキドキ感が異性と一緒にいる相手へのドキドキ感と勘違いしてしまうという実験結果から由来されてます。
これを応用することで異性恋愛感情を作為的に引き出す事ができます
特にお化け屋敷やジェットコースターなど一緒に乗ります。
そうすることによって相手の恋愛感情を引き出すことに繋がります。

押して引く、小悪魔テクニック

まずは最初の行動として、好きな異性に猛烈に好意アピールいていきます。限度がありますが少し鬱陶しいと思われるレベルでアピールしてください。これを毎日繰り返します。この時のポイントは嫌われるレベルではなく少し鬱陶しいと思われるレベルで好意を伝えることです。

今度は突然と接する機会をなくしてください。メールを毎日していたのであれば急に連絡を絶ち、直接接触していたのであれば急に相手を避けるようにしてください。この行動により、相手は急速にあなたの事を意識しだします。

連絡を絶ち、少ししたらまたいつもの様に接してあげてください。この行動により相手は不安な感情から安堵の感情へと移ります。この安堵の感情を引き越す事であなたの必要性が相手の心に伝わるため恋愛感情になる確率がたかくなります。

お酒の力で相手のパーソナルスペースに近づく

酒の力で相手のパーソナルスペースを狭める。お酒を2人で飲むことが出来ればかなり確立は高くなります。それぐらいお酒の効果は偉大で一時的に脳のさまざまな機能を衰えさせます。それにより相手はパーソナルスペースが狭まり、気を許しやすくなります。相手とお酒を飲んでいてほろ酔いになってきたと感じたら軽くボディータッチをしてみてください。恐らく嫌悪感を示すことはないでしょ。そして嫌悪感を示すぎりぎりまで攻めてみてください。
万が一嫌悪感を示した場合すぐにやめてください。お酒が入っていると言えそこまで大胆な行動をする必要はありません。逆に行き過ぎた行動をして嫌われてしまっては意味がありません。

こんな記事も読まれています



シェア