突然の出血!妊娠?生理?もしや流産?妊娠前~妊娠中に考えられる原因まとめ

3,503 views

不意の出血はびっくりしますよね。

妊活中、「妊娠したかも!」と思ったのに、出血すると生理が来たと、がっかりしますよね。

生理だと思ったら、すぐ止まっちゃったなんてありませんか?

出血の原因は様々。考えられる原因をまとめてみました。



着床出血

「妊娠生理」とも呼ばれるそうです。
生理時期にかさらなることが多く、生理と勘違いしやすいようです。
また、生理より、量も少なく、短期間で終わることが多いようです。

子宮外妊娠

文字通り、子宮でない場所で妊娠することで、
・卵管妊娠
・卵巣妊娠
・子宮頚管妊娠

などがあるそうです。
子宮のように、赤ちゃんを育てるための収縮機能が備わっていないので、早目に受精卵を取り除かなければ、出血してしまうそうです。

切迫流産、切迫早産

妊娠22週未満におこります。
出血や痛みを伴う場合、流産しかけてる可能性があるので、要注意です。
すぐ病院や主治医に連絡の上、指示を仰いだ方がよいでしょう。
入院か自宅で、絶対安静すれば、流産は免れる事が多いようです。

妊娠22~37週未満で同じような症状が見られる場合、「切迫早産」と呼ばれ、早産しかかっている状態で危険だそうです。

絨毛膜下血腫

妊娠初期に起こりやすい出血です。
受精卵が子宮内膜に付着し、胎盤形成過程で出血がたまっていき血腫となると考えられるようです。
胎盤が完成するころには収まるようです。
血腫が大きいと流産する恐れもあるようですが、自然に吸収されれば、妊娠は継続され、赤ちゃんの心拍が確認されていれば、多くの場合無事に育っていくようです。

前置胎盤・低置胎盤

「前置胎盤」は、胎盤が正常より低い位置に付着、子宮口の全部または一部をふさいでいる状態で、胎盤がはがれやすく出血しやすくなります。

また、胎盤が子宮の下部に付着し内子宮口には達していない状態を、「低置胎盤」といいます。

どちらも、大量出血の恐れがあり、通常よりハイリスクな妊娠となります。
前置胎盤は、ぼぼ100%帝王切開分娩となり、母子ともに危険性の高い出産となるようです。

少しの出血でも、慌てず安静にし、早急に病院へ相談するか、担当医師の指示に従いましょう。

こんな記事も読まれています