本人たちも参列者も楽しい☆結婚式の演出5選

9,468 views

幸せな二人を見に来るだけで喜んでくれる参列者。そんなありがたい人たちに感謝の気持ちを込めてサプライズ演出で楽しませませんか?企画するだけで大変な結婚式の準備もワクワク気分に変わってしまいます。結婚式をより良いものにするために選りすぐりの演出をご紹介します。



ブロッコリー・マヨネーズトス

幸せな花嫁から幸せをおすそわけされたい独身女性は少なくないはず。そんな理由で始まったブーケトス以外にたくさんの参列者に楽しんでもらいたい気持ちをブロッコリーとマヨネーズトスで伝えましょう。マヨネーズはコレスレロールフリーのものを選んで、ブロッコリーで野菜をとってもらって参列者の健康を気遣います。ブロッコリーは房がたくさんあることから子孫繁栄の意味もあるそうです。ブーケトスの代わりにブロッコリーとマヨネーズを用いることも一興ですが、ブロッコリーとマヨネーズを参列者が100名の場合、10個ずつ用意して後ろ向きで投げるのも昔の餅投げのようにお祝いムード満載です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1047864085

お世話になった人にファーストバイト

通常花嫁花婿がお互い「おいしいものを一生たべさせるよ」「食べ物に困らせないよ」の意味でするファーストバイト。お世話になった人たち、ご両親や祖父母、上司など日ごろしてもらうことの方が多い相手に感謝の気持ちをファーストバイトで表現するのもいいものです。結婚式は参列者の方にも参加してもらうほうが、楽しいものです。スプーンの大きさを大きくして大量のケーキをほおばるパターンもありますが、顔にたくさんのクリームを塗ることも来賓の笑いを誘う定番です。

http://wedding.dictionarys.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88.html

鳩を飛ばそう

平和の象徴、鳩を飛ばしてみませんか?花嫁花婿がカゴを開けた瞬間!鳩が青空へ飛んでいく姿は、小さい子から大人まで楽しんでくれること間違いなしです。旧約聖書の中でノアの箱舟が出てくるのですが、ノアが水を引いたかどうか鳩を飛ばして確かめたことからセレモニーで鳩が使われるようになったようです。ピジョンリリースともいわれます。海外では蝶を飛ばすバタフライリリースもあって結婚式前に「鳩飛びます」「蝶飛びます」なんて招待状に書いたらきっと参列者は楽しみ倍増ですね。

http://bmca.exblog.jp/11007193/

ベールボーイとベールガールの演出

挙式中は参列者も花婿も花嫁にくぎ付けですが、そんな中みんなを笑顔にさせてくれるベールボーイとベールガールです。リングを運ぶリングボーイ・ガールのアイデアもありますが、小さい子がゆっくりベールをもって歩く姿はとっても可愛い♡この時、ベールの長さは要注意です。子供ですので引っ張る可能性もありますし、歩くペースが遅かったり早かったりします。ベールが長いと少々の心配はありません。当日練習になってしまうので、泣き出す子もいます。何人かお願いしておけると良いでしょう。

メッセージカードで会場を温める

花嫁花婿が入場する前に参列者の気持ちをわしづかみできる、メッセージカード。一人ひとりのテーブルに置く名札の裏にメッセージを書いておくことで日頃の感謝の気持ちを書くことができます。そのメッセージを読んで涙する人もいれば、笑顔になる人もいるといいですよね!結婚式に呼ぶ友人・親族・上司はどの人も大切な人であり、思い出がひとりひとりあるはずです。そのエピソードを書くことによって参列者のお祝いムードも盛り上がるはずです。

こんな記事も読まれています